AHKAH、俄、ブシュロンなど25以上のブランドが揃うジュエリー、ブライダルの専門店

TOP |婚約指輪

1.婚約指輪とは
 ふたりが愛を誓い合い"婚約の証"として男性から女性へ贈られる指輪のことです。
 よくドラマなどで男性がプロポーズするときに差し出している指輪が婚約指輪であり、多くの女性は受け取ったあと結婚までの間、左手の薬指に着けています。
 ダイヤモンドがセンターに留められているデザインが一般的によく見かけます。
2.必ず購入しないといけないか?
 "婚約の証"として男性から女性へ贈られる婚約指輪は、"愛"を形で伝える愛情表現のアイテムでもあります。
 結婚が決まって婚約指輪や記念品を贈るカップルは全体の7割であり、婚約指輪に対する価値観の違い、また両親の介入がほとんどなくなったことにより婚約指輪を贈らないカップルも増えております。
 ただ、婚約指輪は婚約中の女性が身につけられる"特権"であり、婚約指輪を贈られた女性は指輪を目にする度に、男性からの愛情を感じるだろうし、贈った男性は指輪を着けて幸せそうに眺めている女性の顔を見て、喜びを覚えると思います。
 お二人の気持ちが込もった大切な指輪・・・
きっと一生の記念になると思いますので、ご用意されてみてはいかがでしょうか。
3.結納ってした方がいいの?
 結納は婚約成立の証、だけど格式張って面倒....とお思いの方がほとんどだと思いますが、しかしその内容には大切な意味が込められています。
 結納は、二人が結婚を決意したことを公に証明する大切な場とともに、感謝の気持ちを伝える大切な儀式とも言われています。
 結納は、花嫁の両親にとって『嫁いでしまう娘にしてあげられる数少ないこと』のひとつであり、男性側から女性のご両親へ『妻をこれまで育ててくれてありがとうございます。』と感謝の気持ちを伝える場であります。これから始まる両家の関係を円滑にする役割も得ています。結納をすることにより、曖昧だった結婚の約束が現実的なものとなり、二人やご両家の方々の気持ちにケジメをつける意味でも結納をされる意味は大きいと思います。
4.その日に買って帰れるの?
 一般的にはプロポーズや結納など、婚約指輪を必要とする日の2ヶ月〜3ヶ月前からご検討いただきますと、余裕を持ってご準備いただけます。アイアイイスズでは、ご注文いただいてから指輪を作成させていただきますので、お渡しまでに約1ヶ月〜2ヶ月のお時間をいただいております。また一部、3ヶ月以上ご納期がかかるものもございますので販売員にご確認ください。
 またお急ぎのお客様のために、その日にお渡しできる指輪もございますが、後日、刻印やサイズ直しのために1ヶ月ほど指輪をお預かりさせていただきます。
5.給料の3か月分ってほんとうなの?
" 給料の3ヶ月分"というのは1970年代に流行ったジュエリーブランドのキャッチコピーで、実際はもっとお求めやすい価格帯です。
 エンゲージリングにかける費用は、20〜50万円。最多の価格帯は30万円台です。
 ただしそれはあくまでも平均的な価格であり、デザインやダイヤの大きさや質、素材などによって変わってきます。
6.どうやって選べばいいの?
 基本的には二人で意見を交換し ながら選ぶ方が多いです。しかし最近は男性一人のお客様も多く、彼女に似合うものをご自分の目で選びたい、夢も一緒に添えたいとシュチュエーションを考えながら選ばれる方もいらっしゃいます。婚約指輪を選ぶ上で重要となってくるのが、デザインとダイヤモンドの品質になります。デザインは真ん中に一粒のダイヤモンドがついているソリティアタイプが一般的であり、その他にもメインの石のサイドに小さい(メレ)ダイヤをあしらったデザインなども人気があります。デザインはお洋服やドレスを選ぶように、ライフスタイルやファッション、体型、好みなどのバランスを考えて選ぶことをお勧めします。また良いものを見極めるためにダイヤモンドの品質基準“4C”はとても重要となります。
  ダイヤモンドの4Cについてはこちら

 しかし最も大切なのは自分の目で見て綺麗だ、好きだと心から思えるものを選ぶことではないでしょうか。悩み抜いて自分がコレだ!と感じた婚約指輪(エンゲージリング)ならまず間違いありません。自分の気持ちに沿った選択は案外後悔が少ないです。なんとなく好きになれないリングを買うのはやめて「考え抜いたすえ、それでも好き」というご自身の気持ちを大切にしてくださいね。
7.ダイヤモンドの評価基準4C
一般にダイヤモンドは、「4つのC(Carat・Cut・Color・Clarity)」の組み合わせで評価されます。
〈Carat(重量)〉
1カラットは0.2グラム。ダイヤモンドの価格はこのカラットにより大きく変わりますが、同じカラット数でも値段が違うのは、他の3つのCが評価の対象として入ってくるからです。
〈Cut(研磨)〉
カットは4Cの中で唯一人間の技術を評価する領域です。美しい輝きは正確なカット技術から生まれます。ダイヤモンドの輝きを決めるカットはプロポーション(比率)及び、ポリッシュ(表面の研磨)とシンメトリー「(対称性)」によって評価され、最高の「Excellent」からグレードの順位が決定します。
〈Color(カラー)〉
天然のダイヤモンド1つ1つには僅かながら色味がついており、無色透明に近いほど珍しい希少価値の高いダイヤモンドとなります。評価は無色透明の「D」を最高とし、黄色みを帯びるに従って「Z」まで、全23段階に分けられます。
〈Clarity(透明度)〉
光の通過を邪魔する内包物やキズの量を専門家が適正な光源のもと10倍のルーペで調べて決定します。内包物が全く認められないものを最高評価の「FL」とし、内包物の数により11段階で評価されます。評価が高くなるほど、輝きも増し、希少性が上がり、価格も高くなります。

アイアイイスズ ブライダル本店
高松市丸亀町7番地16丸亀町グリーン西館1F
TEL(087)822-5885 AM11:00〜PM8:00