Viktor&Rolf / ヴィクター&ロルフ

COLLECTION
商品

ヴィクター&ロルフはヴィクターとロルフのデザインデュオ。

93年、南仏イェールのヨーロッパ新人デザイナーコンテストに参加。プレス賞、レディス部門最優秀賞、イェール市賞を受賞し、3冠に輝く。その後、ヴィクターとロルフは実験的な服作りを目指してさまざまな企画に参加。オランダの若手デザイナー集団「オランダ人の叫び」に参加。その一つが94年、パリ市現代美術館で行われた「愛の冬(HILVER DE L'A MOUR)展」での発表で、モードに対する姿勢がアートとして評される。ヴィクターとロルフはグループが解散した後もコレクションを作り続ける。

98年、オートクチュールのコレクションに招待メンバーとして参加。ここで大きな話題を集め、名声を得る。2000-2001A/Wパリ プレタポルテ・コレクションにデビュー。2003-2004 A/Wよりメンズコレクションの発表をスタート。

2006年、H&Mとのコラボレートコレクションを発表。レディースのハート、メンズの矢をモチーフとしたコレクションは、販売初日の開店前には長い行列のできる人気となった。このコラボレーションでは、ウエディングドレスも発表した。

2006-2008年の間、イタリアのファッションブランド、アレグリとコラボレーションを展開。

2008年、ディーゼルのレンツォ・ロッソ率いるファッショングループが投資、経営面や生産面のサポートを受ける。

2009S/Sシーズン、サムソナイトのブラックレーベルとコラボレーションで、「Samsonite black label by VIKTOR & ROLF」を展開。2009S/Sシーズン、ヴィクター&ロルフはは通常のキャットウォークショーではなく、オンラインでコレクションを発表。Webを用いた新しいスタイルに世界が注目した。

2020年秋冬シーズン、新たなメンズライン「ミスター・ミスター(Mister Mister)」をスタート。美しい仕立てにカジュアルウェアを融合させた、遊び心のあるフォーマルウェアを製作していく。ファーストシーズンでは、アクセントカラー「ウィンターブルー」にフィーチャーし、シャツやニット、アウター、アクセサリーまで約130点を発表した。なお、「ミスター・ミスター」展開においては、ワールドワイドパートナーシップを東京に本拠を置くシフォンと締結。イメージコンセプト及びデザインをヴィクター&ロルフメゾンが行い、MD・生産はシフォン、販売・PR はメゾンとシフォンが共同で行っていく。

他にも見られている商品