TEL:087-864-5225

Japan Tax Free Shop

メニュー
EVENT

G-SHOCK / ジーショック

最新情報

一覧へ

COLLECTION
商品

時計業界全体が薄型・軽量化で競い合っていた1981年当時、
一方CASIO(カシオ)は、
「絶対に壊れない時計をつくりたい」をキーワードにして
「TOUGH」いうプロジェクトを立ち上げました。

そして、
10年間正確に時を刻み続け、
10気圧以上の防水性能を保ち、
10mの落下にも耐えうる
「トリプル10」をテーマにして試行錯誤の連続の1年半、
200以上のプロトタイプを経て
2年目の1983年G-SHOCK(ジーショック)の記念すべき
1stモデル「DW-5000C」は産声をあげました。

ウレタン樹脂によるカバーリング、
内部のモジュールを点で支えケース内で
浮遊させることによって外部からの衝撃をシャットアウト、
緩衝材による重要な部品の保護。
こうして世界最高水準の耐衝撃構造は生まれました。

小さいカラダに秘められた大きな革命は、
それまでの時計には無かった
「タフネス」という新たな概念を構築しました。
それらは、あくなき探求心とたゆまない努力によって
25年経った現代においても脈々と受け継がれています。

日本を含む世界5局の標準電波に対応して、
より広いエリアでの自動時刻修正を可能にした「マルチバンド5」。
さらに、時を刻む道具という時計本来の機能を追及し、
アナログにこだわり7針のフルアナログ表示を可能にした
「5モーターアナログモジュール」。
(これらの技術はOCEANUS(オシアナス)にも採用されました)

これらの新しい技術により「G-SHOCK」はさらなる進化を遂げました。

壊れない・止まらない・狂わない・・・

それは、終わりのない進化を続けるG-SHOCKテクノロジー。
タフネスウォッチの原点がここにあります。

他にも見られている商品