A.LANGE & SOHNE / A.ランゲ&ゾーネ

アイアイイスズとランゲ&ゾーネの今まで
~始まりは専務の一目惚れ~

※福島専務のインタビューを元に記事を構成しております。

 

 

当店は、ランゲ&ゾーネの正規販売店としては国内第一号店になります。

 

ランゲ&ゾーネが上陸した当時、国内での取り扱いは東京のデパート、大阪のデパート、九州のデパートと当店のみでした。

 

専門店としては国内初の取り扱い、第一号店となります。

まだランゲ&ゾーネがリシュモングループになる前の時代からのお付き合いになります。

当時、専門店の第一号店ということで、ウォルターランゲ氏が当店にいらっしゃいました。

 

ウォルターランゲ氏は当店のブースをご覧になりとても気に入っていただいたようで、ブースの写真を撮ったり、外からお店の写真を撮ったりしておりました。

道路に出て写真を撮られていたので、車にひかれそうになったりして冷や冷やしながら見ておりました。

当時はまだウォルターランゲ氏はとても元気でいらっしゃって、何度か来て頂いております。

なぜか私はウォルターランゲ氏に「サムライ、サムライ」と呼ばれ、顔を覚えて頂いてよくお話をさせて頂いておりました。

東京に行った帰りにどうしても寄りたいということで来て頂いたり、他のお客様と食事会をしたりなどもしました。

 

 

ランゲ&ゾーネを取り扱うきっかけになったのは、私が惚れ込んで紹介していったことがきっかけになります。

 

スイスに何度か出張に行った際、チューリッヒで初めてランゲ&ゾーネに遭遇したのを憶えています。ランゲ1のイエローゴールド版でした。

私も時計の専門家として自負は持っておりますし、目利きには自信を持っておりますから、ひと目見て凄い時計だと感じました。

どうしても欲しかったのでその1年後に手に入れて、それから正式にアイアイイスズでもランゲ&ゾーネを取り扱うようになりました。

 

当時はまだそこまでメジャーではありませんでしたから、取り扱いしている店舗はランゲ&ゾーネを好きでやっているお店しかありませんでした。

その中で、当店は取り扱い実績を毎年表彰されてお客様をドレスデンのファクトリーに連れて行ったりなどもしております。

 

今ではランゲ&ゾーネはリシュモングループになり、どんどんと進化を遂げて上に上り詰めた存在となりました。

スイス時計産業から恐れられているくらいのランゲ&ゾーネですが、当店では本当に初期の、誰も知らないような時代から地道に取り扱い続けております。

 

 

売れるものをだけを売るスタイルを取る時計屋さんもいらっしゃいます。

時計店にとって物が良くとも認知されていないブランドを取り扱うのはリスクがあります。

しかし、当店では目利きには絶対的な自信を持っておりますし、良い物を皆に広めたい、支援したいという思いで仕事をしております。

ブランドを伝えていくことが仕事だと思っておりますので、そうして考えますとランゲ&ゾーネはその代表格のようなブランドだったと思います。

COLLECTION
シリーズ紹介

最新情報

一覧へ

他にも見られている商品