スタッフによる出張秘話 – アイアイイスズ

アイアイイスズ ブログ

【ブライトリング】プレミエ・コレクション ローンチイベント


10月31日コンラッド東京にてブライトリングの新たなコレクション「プレミエ・コレクション」のローンチイベントが行われました。

会場には著名人、メディアを含め様々な分野の人々が会場に訪れており、注目度の高さがうかがえます。ブライトリング スイス本国ジョージ・カーンCEO自らプレゼンテーションを行なっていただき、プレミエ・コレクション、ブライトリングとしての今後の展望も含めた熱いプレゼンテーションとなりました。

早速ですがプレミエのご紹介をさせていただきます。

プレミエはブライトリングにおいて全く新しいコレクションではありません。ブライトリングは1940年代にプレミエシリーズを発表、スタイリッシュでエレガントさを併せ持つ腕時計として登場しました。当時ファッション性に優れた時計として都会的な顧客に愛用されました。

今回新たに発売されたプレミエ・コレクションも、当時のスタイリッシュでエレガントなテイストを受け継ぎ、ヴィンテージの雰囲気を醸し出しつつ現代的な要素を取り入れたモデルとなっています。

プレミエ・コレクションのフラグシップモデルとなるのが、自社開発製造ムーブメントを搭載した「プレミエ B01 クロノグラフ 42」がこちらです。

プレミエ B01 クロノグラフ 42

A007G-1WBA

¥993,600(税込)

A007C-1NP

¥1,058,400(税込)

2カウンタークロノグラフがよりスタイリッシュさを演出しています。ヴィンテージ感溢れるツートンからの文字盤が特徴です。
インデックスとケースラグがより立体感を際立たせる仕上がりになっております。

ドーム状のサファイアクリスタルと、ケース両サイドにはラインが入っており横から見ても美しい時計でした。

おなじみのブライトリング13を搭載したクロノグラフモデル、シンプルなスモールセコンド、写真は無しですがデイ&デイトモデルもラインナップ。

プレミエ クロノグラフ 42

A117C-1WBA

¥691,200(税込)

プレミエ オートマチック 40

A377B-1NP

¥540,000(税込)

文字盤、ストラップ共に豊富にラインナップされております。

そして実機はありませんでしたがベントレーモデルも登場。

 

プレミエ B01 クロノグラフ 42 ベントレー

A007L-1KBD

¥1,101,600(税込)

ケースサイドにベントレーのプレートとブリティッシュ・レーシング・グリーンの文字盤が特徴の非常に美しい特別モデルに仕上がっています。

11月より順次入荷予定となっておりますが、入荷次第ご報告したいと思います。先行予約も承っておりますので気になる方はお問い合わせください。店頭にはプレミエ・コレクションのカタログもご用意しておりますので是非店頭にお越しください。

また同日ブライトリングのスクワッドチームに日本のモータースポーツ界を代表する3人の人物からなるジャパン・レーサーズ・スクワッドの結成を発表。

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップに参戦の「室屋 義秀氏」、インディカーレース参戦の「佐藤 琢磨氏」、 MotoGPに参戦している「中上 貴晶氏」の3名からなるチームは、今後よりレースの世界を、そしてブライトリングを盛り上げていってくれるはずです。※中上 貴晶さんはレーススケジュールの関係で当日は欠席でした。

今後もブライトリングにご注目ください。

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

        https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/13047

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート

                アーノルド&サン エキシビションのお知らせ



                10月29日(日)アイアイイスズ本店2階にて、高級時計ブランド「アーノルド&サン エキシビション」を開催いたします。

                当日は「アーノルド&サン」の複雑機能を搭載した希少なモデルを幅広くご用意しております。

                また今回は特別にスイス本社から時計技術者を招いて時計のご説明もございます。

                お時間は13時から17時まで1時間ごとに行います。

                実際に時計に触れながら、「テンプとは?1秒の作り方とは?」などの素朴な疑問にもお答えいたします。

                他の追随を許さない技術を持ったマニュファクチュールブランドの腕時計を実際に見て触れて確かめてください。

                皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

                About アーノルド&サン

                1764年、天才時計師と謳われたジョン・アーノルドによってロンドンで創業されました。

                当時のイギリスは世界一の時計大国であり、ジョン・アーノルドは英国国王ジョージ3世から称賛を受け複雑機構を搭載した指輪時計をはじめ数多くの時計を製作して名声を得ました。

                彼の偉大な功績は航海用のマリンクロノメーターの実用化です。
                激しく揺れる船上でも正確な時刻を示すマリンクロノメーター、すなわち高精度海洋時計は広い海上で現在地を算出する際に欠かせない大切な計測機器でした。
                18世紀当時、7つの海を支配した大英帝国の繁栄は彼ら時計師が影から支えていました。

                同じ時代を生きたアブラアン・ルイ・ブレゲとも親交が深く、それぞれ互いの息子を弟子にとるなどお互いの知識を認め、尊敬しあう仲でもありました。

                現在のアーノルド&サンは、彼が英国王室のために製作した時計を象徴した「ロイヤルコレクション」と、マリンクロノメーターにインスパイアされた「インストゥルメント コレクション」、伝統的な熟練の技が織りなす「メティエ・ダール」の3ライン展開です。

                そして完全マニュファクチュールを掲げ『1モデル・1ムーブメント』を採用しているため、時計の美しさを最大限引き出すよう、デザインからムーブメント製造と手作業で一貫した時計造りをしています。

                 

                TEL (087)864-5225

                お問合せ

                お問合せ

                      https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/9891

                            お問合せ

                            内容を確認してボタンを押してください。

                              送信しました。

                              通信中・・・

                              無金利クレジットシミュレート

                              ブライトリング2011新作展示会


                              今年も多くの新作が発表されるBREITLINGの2011新作発表会に行ってきま
                              した。

                              今日夕方からメンバーズサロンも開催されBREITLINGオーナー様も日本でいち
                              早く新作がご覧いただけます。

                              BREITLINGの全商品の約30%ぐらいがモデルチェンジと非常に入れ替わりが多いブランドです。中心はやはり01ムーブメント搭載モデルで09年にクロノマット01を発表してはや2年このムーブメントを搭載したモデルが次々と今年は発売されます。

                              それにともないモデルの区分けもより細かくなり分かりやすくなりました。
                              少し慣れるまでに時間がかかりそうですね。

                              ベントレーラインも今年も注目が集まりそうですね。

                              新作商品の情報に関してはインフォーブライトリング(5/22オーナー様に届きます)に掲載してますので是非ご覧下さい!!

                              今年もブライトリングから目が離せません。

                              新作商品は随時入荷してまいりますので是非お問い合わせ下さい。

                              ps.個人的にはクロノマットGMTオススメです。ちょっとケース径が大きい   ですがインダイアルの作りがたまりません。

                              TEL (087)864-5225

                              お問合せ

                              お問合せ

                                    https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/3248

                                          お問合せ

                                          内容を確認してボタンを押してください。

                                            送信しました。

                                            通信中・・・

                                            無金利クレジットシミュレート

                                            ジャガー・ルクルト 2011NEWモデルセミナー


                                            毎年沢山の新作を発表する「ジャガー・ルクルト」新作セミナーに行ってきました。

                                            レベルソ80周年を記念したオリジナルへのオマージュモデル
                                            「グランド・レベルソ・ウルトラスリム・トリビュート・トゥ1931」


                                            Q2788570 ¥735,000

                                            今年の注目モデルでもあるわけですが、
                                            クォーツなの? と思う極薄サイズ。
                                            装着時、ストラップが綺麗にカーブするよう工夫されています。
                                            レベルソコレクションの中で最もスーツに合うでしょうね。

                                            既に「グランド・レベルソ・ウルトラスリム」は当店に入荷していますので、
                                            実物をご確認ください。

                                            また、今年はレベルソならではの“カスタマイズ”を
                                            訴求していくようです。

                                            http://reverso.jaeger-lecoultre.com/ja#/wall/?filter=itmL2:11119

                                            イニシャルの他にも、ラッカー加工や凝ったエングレービングなど、
                                            カスタマイズが可能です。

                                            http://personalisation.jaeger-lecoultre.com/en#/modelChoice

                                            マスターシリーズも追加されています。

                                            「マスター・ジオグラフィーク」「マスター・ウルトラスリム・ムーン」
                                            個人的にウルトラスリム・ムーンのケース径39mmナイスです。
                                            新設計ケース&ムーブメントが影響しているのか、後もう少し価格を押さえてくれれば・・・頑張ってください!

                                            最後に実物は用意されていませんでしたが、
                                            「メモボックス・アラーム・ヨーロッパ 1959」

                                            日本には入荷しないUSAバージョンが存在するようです。
                                            今後入荷するモデルはHPにアップしていきますのでご期待下さい。

                                            TEL (087)864-5225

                                            お問合せ

                                            お問合せ

                                                  https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/3256

                                                        お問合せ

                                                        内容を確認してボタンを押してください。

                                                          送信しました。

                                                          通信中・・・

                                                          無金利クレジットシミュレート

                                                          ランゲ&ゾーネセミナーに行ってまいりました。


                                                          ランゲ&ゾーネの新作お披露目ということで、セミナーに行ってまいりました。
                                                          やはり目玉はこの2点でしょう!!


                                                          リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン“プール・ル・メリット”

                                                          ランゲ・ツァイトヴェルク・ストライキングタイム

                                                          リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン“プール・ル・メリット”は、“プール・ル・メリット”としては4代目になり、チェーンフュージ(鎖引き)機構でありながらさらに、6時になると、ローマ数字の?、?、?がついた隠しダイヤルが瞬時にして現れるという複雑機構になります。

                                                          ランゲ・ツァイトヴェルク・ストライキングタイムはランゲ&ゾーネにして初めての音というコンセプトを盛り込んだモデルになります。
                                                          ハンマーの右は分、左は時間を音で知らし、その透き通った音といったらもう。。。。
                                                          この音を毎日聞ける方は幸せですね。

                                                          でも今回個人的に気になったのはこちら。


                                                          サクソニアオートマティック
                                                          38.5mmケースに綺麗に収まったこのバランスの良さは何でしょうか?
                                                          ごく微妙なデザインの変更ではあったのですが、控えめでありながら高級感もあり、それでいて上品。個人的には大変気に入っています。


                                                          生産終了となるグランドサクソニアと並べて置きましたが、まるで間違い探しですね。
                                                          ちなみに左がグランドサクソニア。右が今回の新作サクソニアオートマティックです。
                                                          ラグが細くなり、文字盤がすり鉢状になっていたりと違いがありますが、なんだかスッキリとした印象です。

                                                          以前まではWG、YG、PGの素材によっての価格差はありませんでしたが、今回の新作からWGが価格アップとなっております。
                                                          現モデルでも価格の見直しがあれば、WGはアップするとの事でした。
                                                          現モデルにてWGが気になる方は、お早めにどうぞ。

                                                          TEL (087)864-5225

                                                          お問合せ

                                                          お問合せ

                                                                https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/3291

                                                                      お問合せ

                                                                      内容を確認してボタンを押してください。

                                                                        送信しました。

                                                                        通信中・・・

                                                                        無金利クレジットシミュレート

                                                                        ジョンガリアーノ・トッズ・スワロフスキー アイウェア展示会に行ってきました


                                                                        VISIONIZE EYEWEAR(ヴィジョナイズアイウェア)の初展示会が大阪で開催されました。

                                                                        ブランドは、Jhon Galliano
                                                                               TOD’S
                                                                               SWAROVSKI
                                                                               DSQUARED    です。

                                                                        中でも“SWAROVSKI”は日本初上陸とのこと。

                                                                        スワロフスキーらしく新鮮なデザインが目を惹きました。

                                                                        クリスタルカットやスワロストーンをあしらったものなど。

                                                                        日本でブレイクを期待したいところです。

                                                                        トッズもレザーをテンプルに使ったサングラスが一押しです。

                                                                        ガリアーノは今回眼鏡フレームのコレクションを初めて発表していました。

                                                                        これがなかなかいい感じで個人的には好きでした。

                                                                        SGのファーストモデルで人気のあったタイプの眼鏡もしっかり抑えたりして。

                                                                        写真では1部のみの紹介ですが、数型入荷してきますのでご期待を!

                                                                        プチ情報ですが、先に行われた東京の展示会には、ダンサーのジョンテモーニングやモデルのSIHOさん、安室さんのスタイリストや石田純一、東尾理子さんなども来られそれぞれのブランドを予約していったらしいです。

                                                                        この夏の女性ファッション誌注目です!

                                                                        TEL (087)864-5225

                                                                        お問合せ

                                                                        お問合せ

                                                                              https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/3310

                                                                                    お問合せ

                                                                                    内容を確認してボタンを押してください。

                                                                                      送信しました。

                                                                                      通信中・・・

                                                                                      無金利クレジットシミュレート

                                                                                      TASAKI勉強会♪


                                                                                      明日の伊勢田さんのブログにて勉強会の全容を公開!乞うご期待♪

                                                                                      TEL (087)864-5225

                                                                                      お問合せ

                                                                                      お問合せ

                                                                                            https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/3327

                                                                                                  お問合せ

                                                                                                  内容を確認してボタンを押してください。

                                                                                                    送信しました。

                                                                                                    通信中・・・

                                                                                                    無金利クレジットシミュレート

                                                                                                    IWCセミナー報告 CDプレゼントあり


                                                                                                    11月24日、東京で行われたIWCセミナーを簡単に報告させていただきます。

                                                                                                    飛行機、メトロを乗継、IWCのオフィスが入っている半蔵門ファーストビルに到着。既に日本各地の販売員が集合し、ブランドCEOマニュエル・ブランデラ氏の挨拶が始まっていました。

                                                                                                    セミナーの流れは、2010年モデルの説明、ディスプレイの仕方、質疑応答等々・・・
                                                                                                    事前に聞かされてなかった、時計ジャーナリスト広田雅将氏の講演が用意されていました。

                                                                                                    詳しい商品説明をしていただきましたが、今の時期なら2010年モデルより、
                                                                                                    2011年のNEWモデルの方が気になりますよね。少しでも教えて欲しかった・・・残念

                                                                                                    広田さんの講演は有益で、キャリバー「89360」の特徴を他のクロノグラフムーブメントと比較し、合理的な設計で堅牢性があり優れていると解説していました。

                                                                                                    通常モデルについても、当然ムーブメントはETAベースですが、メインスプリングの全品検査、一部の軸受けはベリリウムを使用、緩急針にトリオビスを採用しているなど、かなりチューニングが施されポン乗せではない!と語っていました。

                                                                                                    また、従来のフライバックムーブは故障が多いと言った話も・・・
                                                                                                    今回のは少ないらしいです。

                                                                                                    そんなこんなで大変有意義な1日でした。
                                                                                                    次回もあれば是非参加したいですね。

                                                                                                    PS
                                                                                                    IWCのCDを抽選で1名の方へプレゼントさせていただきます。

                                                                                                    ご希望の方は「IWC CDプレゼント希望」と記入の上、下記よりご応募下さい。

                                                                                                    IWC CDプレゼントへのお申し込みはこちらから

                                                                                                    応募が多い場合は抽選となり、当選者の方には後日こちらから連絡させていただきます。締め切りは12月5日迄とさせていただきます。

                                                                                                    TEL (087)864-5225

                                                                                                    お問合せ

                                                                                                    お問合せ

                                                                                                          https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/3383

                                                                                                                お問合せ

                                                                                                                内容を確認してボタンを押してください。

                                                                                                                  送信しました。

                                                                                                                  通信中・・・

                                                                                                                  無金利クレジットシミュレート

                                                                                                                  カルティエ新作発表会に行ってきました


                                                                                                                  サフィロジャパンに続いて、カルティエアイウェアの展示会に行ってきました。

                                                                                                                  さすが、カルティエ。

                                                                                                                  会場はリッツカールトンでした。

                                                                                                                  まずは、バッファローホーン(水牛の角)シリーズの新作。

                                                                                                                  ホーン×パンテールの組み合わせは斬新で、かなり職人技が光ってました。

                                                                                                                  セルフレームも待望の新作が。

                                                                                                                  期待値大の上品さ。

                                                                                                                  どうしてカルティエの眼鏡はこんなにも上品なのか・・・

                                                                                                                  女性向けにクラシックタイプも登場。

                                                                                                                  これを掛けこなすととても粋でしょうね。

                                                                                                                  好評のロードスター新色です。

                                                                                                                  これらはおそらく来年入荷です。

                                                                                                                  TEL (087)864-5225

                                                                                                                  お問合せ

                                                                                                                  お問合せ

                                                                                                                        https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/3393

                                                                                                                              お問合せ

                                                                                                                              内容を確認してボタンを押してください。

                                                                                                                                送信しました。

                                                                                                                                通信中・・・

                                                                                                                                無金利クレジットシミュレート

                                                                                                                                サフィロ展示会?


                                                                                                                                引き続き

                                                                                                                                ディオール。

                                                                                                                                レディースラインはまた、人気のモチーフをパワーアップさせてきました。

                                                                                                                                今回は、最近入荷がなかったディオール オムも入荷しますよ。


                                                                                                                                DIOR HOMME

                                                                                                                                DIORLADY

                                                                                                                                DIORVOLUTE

                                                                                                                                こちらも12月上旬より入荷します。

                                                                                                                                TEL (087)864-5225

                                                                                                                                お問合せ

                                                                                                                                お問合せ

                                                                                                                                      https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/3394

                                                                                                                                            お問合せ

                                                                                                                                            内容を確認してボタンを押してください。

                                                                                                                                              送信しました。

                                                                                                                                              通信中・・・

                                                                                                                                              無金利クレジットシミュレート