2020年3月3日 – アイアイイスズ

アイアイイスズ ブログ

平成20年7月より先進医療 (白内障)


多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術を考えられている皆さまこんにちは!
アイアイイスズの長安です。

今年になってからYAHOOニュースでも話題になっていた、「白内障手術が「先進医療保障」対象外になる話」は皆様御存知だとは思いますが、注意したほうがいい方もおられると思うので今回は真面目な話をしたいと思います。

高齢期には、誰もがなりやすい白内障※1。

目の中のレンズの役割を担う水晶体が濁る病気です。

白内障は罹患すると薬での治療が難しく、手術で治す方法が広く用いられています。手術法として症例が多いのは、単焦点眼内レンズ、あるいは多焦点眼内レンズを用いて、水晶体の再建をおこなう治療法です。


単焦点眼内レンズでは、遠方か近方のどちらかにしか焦点を合わせられません。しかし多焦点眼内レンズでは、遠方、近方の両方に焦点を合わせられます。そのため、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の手術は症例数が増加しています。

グラフの通り白内障多焦点眼内レンズの手術件数はうなぎのぼりで上がってきています。

先進医療保証は主に生命保険の特約で月数百円程度で先進医療が受けられる仕組みになっている事が多いのですが、白内障の多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は、平成20年7月に先進医療に指定され、すでに約12年が経過しています。

先進医療としての手術数は30年7月から令和元年6月までの1年間で、3万3868件。883軒もの眼科医院などで行われていますが他の先進医療との件数の差が大変なことに。

といった様々な要因から2020年4月には先進医療から外され、先進医療保険金の支払い対象からも除外される見通し※2となっています。

単焦点眼内レンズの再建術は保険適用なので、多焦点眼内レンズの再建術も、将来的には保険適用される可能性はあります。

が、現時点では選定療養の対象になる予定で、選定療養になると差額ベッド代のように、保険診療分に加え、保険診療分との差額分を支払うことになります。

保険に入っている方なら、実質無料で受けられた先進医療の手術と異なり、4月以降は自己負担が発生することもあり、3月までの治療を勧める眼科医院などが増えています。

ということは、3月に手術したら無料に近い費用が、一気に自費負担増になる方もいるかもしれません。見えにくさを感じており、かつ保険に入られてる方は早めに受診がおすすめです。

それではまた

※1 白内障は「老化現象」のひとつで、一般的な白内障は、老化によって発症するもので、早い方だと40歳前後で発症し、60歳を過ぎると80%以上の方が、80歳を過ぎると100%の方に白内障の症状が認められます。つまり、白内障は「老化現象」のひとつだと言えます。平均寿命が80歳を超える長寿国・日本において、白内障は誰もがかかる目の病気です。

※2 例えば、某保険会社の「ご契約のしおり・約款」には次のように記載されています。
「この特約の保険期間中に、新たに厚生労働大臣の承認を得て先進医療の対象となった医療技術は、先進医療給付金および先進医療一時金のお支払いの対象となります。一方、ご契約時に先進医療の対象であった医療技術でも、療養を受けた日現在において、公的医療保険の対象となっている場合や、承認取り消し等の事由によって先進医療でなくなっている場合は、先進医療給付金および先進医療一時金のお支払いの対象とはなりません」

参考コラム(ファイナンシャルプランナー 畠中雅子さん)

 

アイアイイスズ east(イースト) の アイウェア Instagram は↓こちら。

アイアイイスズイーストのAHKAHインスタグラム

アイウェア 取り扱い店舗
EYE EYE ISUZU east の詳細については、↓こちら。

EYE EYE ISUZU east

《お問い合わせ》
アイアイイスズeast
香川県高松市多肥下町1523-3
TEL 087-864-5775
営業時間/AM11:00~PM8:00


 

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

        https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/35694

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート

                【IWC】 IW389008 パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “ブルーエンジェルス®”入荷


                IW389008 パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “ブルーエンジェルス®”

                トップガン・モデルに続き、アメリカ海軍所属のアクロバット飛行隊「ブルーエンジェルス」とのコラボレーションモデル「IW389008 パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “ブルーエンジェルス®”」が入荷しました。傷に強いセラミックケースに、IWCの高級クロノに使用される“キャリバー89361”を搭載。アウターリングに分表示を、インナーリングには時刻表示を配置。これは1930年代から1940年代にかけて登場した飛行監視要員用時計を想起させます。
                F/A-18 ホーネットの機体色「ブルー」と「イエロー」が、ダイヤルやストラップに使用され、裏蓋には「ブルーエンジェルス」の記章が刻印されています。

                画像 Wikipedia
                F/A-18といえば「トップガン マーヴェリック」でも活躍する機体。なぜ最新のF-35じゃないの!と突っ込まれたようですがが、トムが操縦しなくても無双になってしまうので、F/A-18でよかったと思います。

                (C)2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

                パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “ブルーエンジェルス®”
                Ref. IW389008
                ムーブメント 自社製自動巻 キャリバー 89361
                振動数 28800.0 回/時 (4.0 Hz)
                パワーリザーブ 約 68 時間
                素材 セラミック
                ねじ込み式リューズ
                ケース径/厚 44.5 mm / 15.5 mm
                防水 6 気圧
                ストラップ ブルーのカーフスキン・ストラップ
                ストラップ幅 21 mm
                特徴 ストップウォッチ機能(時・分・秒)
                12時位置に同軸上に組み合わせたアワー・カウンターとミニッツ・カウンター
                フライバック機能
                耐磁性軟鉄製インナーケース
                日付表示
                ガラスで急激な気圧変化にも対応
                両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
                秒針停止機能付きスモールセコンド
                IW389008

                TEL (087)864-5225

                お問合せ

                お問合せ

                      https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/35675

                            お問合せ

                            内容を確認してボタンを押してください。

                              送信しました。

                              通信中・・・

                              無金利クレジットシミュレート