2019年9月3日 – アイアイイスズ

アイアイイスズ ブログ

重要科学技術史資料に「G-SHOCK」など時計関連3件登録


国立科学博物館は9月3日、先進の科学技術に基づき開発された未来に残すべき製品として、驚異の耐衝撃性を備えた最初のG-SHOCK「カシオ DW-5000C」、世界初の太陽電池式アナログクオーツ腕時計「シチズン クオーツ クリストロン ソーラーセル」、世界初6桁液晶表示の腕時計「セイコー クオーツLC V.F.A. 06LC」など26件を登録しています。
http://sts.kahaku.go.jp/material/index.html


「カシオ DW-5000C」
耐衝撃腕時計「G-SHOCK」の一号機である。電子部品をパッケージしてい る時計のエンジン部分への衝撃を、構造的に多段階で吸収する「5段階衝 撃吸収構造」、及びエンジン部分を浮いている状態に近づける「点接触心 臓部浮遊構造」の画期的な構成によって、従来にない耐衝撃性能を実現した。時計の耐衝撃性を驚異的に引き上げ、高級機にしかできなかった過酷なアウトドアやスポーツシーンでの使用を、だれでも使える身近なものにした製品として重要である。
<重要科学技術史資料より引用>


「セイコー クオーツLC V.F.A. 06LC」
世界で初めて時・分・秒の6桁表示をLCD表示によって実現したデジタルウ オッチである。1970年代初頭、LED(Light Emitting Diode 発光ダイオー ド)の開発によって、時刻をデジタル表示する腕時計が出始めた中、LED 表示よりも省電力で視認性に優れ、多機能表示に適した「LCD(Liquid Crystal Display 液晶ディスプレイ)」を採用した。このLCD表示のデジタルウオッチが市場の需要に合致し、その後、FE(Field Effect)方式の6 桁表示デジタルウオッチが世界的な標準となった。クオーツウオッチの標準となる表示方式を確立した機器として重要である。
<重要科学技術史資料より引用>


「シチズン クオーツ クリストロン ソーラーセル」
オイルショック騒動など省資源・省エネ意識の高まる時代にいち早く光発電に着目、1974(昭和49)年にソーラーパネルを初めて時計に搭載した光発電時計のプロトタイプが製作された。さらに改良を加え、2年後に製品化にこぎ着けた。単結晶シリコン太陽電池を8枚使用。満充電からの持続時間は通常使用で約5年間、最初の2年間は全く光を当てなくても動き続けるものであった。環境問題に熱心に取り組むドイツ市場では大きな反響を呼んだ。太陽電池式腕時計の先駆的機種として重要である。
<重要科学技術史資料より引用>

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

        https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/25561

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート