2019年3月3日 – アイアイイスズ

アイアイイスズ ブログ

【IWC】2019年 新作パイロット ウォッチをチェック!


IWC
パイロット ウォッチ コレクション
2019

IWC 注目のパイロット ウォッチ 4モデル

IWC 2019年の新作は“ポルトギーゼ”や“ポートフィノ”と人気を分け合う「パイロット ウォッチ」を発表しました。今年の傾向はダウンサイジングとムーブメントの内製化。今回は新作の中で気になるモデルを紹介します。


IW387901
パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・スピットファイア

新定番モデルになるべく、ケースやムーブメントを一新。ケースサイズは41mmになり、自社製ムーブメント「キャリバー 69380」を搭載しています。ポルトギーゼ クロノグラフに似せたサイズが、今後IWCクロノグラフの標準サイズになりそうです。

* 画像をクリックして詳細ページへ


IW326801
パイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイア

パイロット クロノグラフと同じく、ケースやムーブメントを一新した3針モデル。ケースサイズは39mmになり、自社製ムーブメント「キャリバー 32110」を搭載しています。ストラップをレザーに変更することで、ミリタリーとは違った雰囲気を楽しむことができます。

* 画像をクリックして詳細ページへ


IW389103
パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・トップガン “モハーヴェ・デザート”

ベージュセラミックが特徴の限定モデル。ダイヤル、インデックス、ストラップもサンドカラーにまとめ個性的に仕上がっています。ムーブメントには自社製「キャリバー 69380」を搭載。モデル名の「モハーヴェ・デザート」は、アメリカ南西部にある広大な砂漠。Appleの最新MacOSも「Mojave」という名称で、iMacやMacBookを使っている方には馴染みのある名前です。

* 画像をクリックして詳細ページへ


IW395501
パイロット・ウォッチ・タイムゾーナー・スピットファイア “ロンゲスト・フライト”

ビッグ パイロット ウォッチのケースにタイムゾーナー機能を持つ自社製ムーブメント「キャリバー 82760」を搭載した限定モデル。ケースサイズも46mmと最大級で存在感があります。ベゼルを回転させるGMT機能は視認性も高く実用的です。

* 画像をクリックして詳細ページへ


TEL (087)864-5225

お問合せ

無金利クレジットシミュレート