【CHRISTIAN BAUER】想う気持ちは深いです✨



父の日は、6月第3日曜日🎁

今では日本中、どこでも定着していますが・・・

父の日が制定されるまでには、長い年月があったそうです。

1910年、アメリカのワシントン州に住む
ジョン・ブルース・トッド夫人が、父の思いを受け継いで、
母の日のように父にも感謝する日を制定しようと
運動を始めたのが最初だと言われています。

長い運動の末、1972年に父の日はアメリカの祝日に制定されました。

1924年、アメリカのペンシルバニア州で父の日を祝う行事が行われたとき、
参加者がタンポポを胸に飾って出席したのがその由来で、
タンポポが父の日の花になったそうです。
タンポポの花言葉は、『踏まれても負けない強さ』という意味です。

季節的に日本では、黄色い花ということで、
ひまわりなどが贈られているようです。

負けない強さと言えば・・・

ちょうど、ジョン・ブルース・トッド夫人が、
父にも感謝をする日を
制定しようと運動を始めた頃と同じ時代に・・・

CHRISTIAN BAUER
クリスチャンバウアー(ドイツ)

のリングは、愛する人への熱い想いをリングに託しています。

第一次世界大戦中、
クリスチャンバウアーは密かに“鉄”でウエディングリングをつくり続けていたのです。
戦火に離されたふたりをつなぐ唯一の絆。

軍事物資の供給を強いられ、戦争に必要のない物を作る事など許されなかった時代。
シルバーやゴールド等の素材が入手困難であったとしても
たとえそれが社会的に背徳行為だったとしても
愛し合うふたりの強い絆の証のために
ウエディングリングをつくり続けよう。
そんな熱い想いの中で、唯一、手にする事ができた素材が鉄だったのです。

何世代の時代を経てもウエディングリングに込められた想いは変わりません。
その想いに応えるための情熱やクラフトマンシップも
大切に受け継いでいくことが使命と考えているのです。

こちらは鍛造製法の強いリングです。

どんな素材であれ、二人の気持ちが込められたもの
それが大切なことだと思います❤︎

今、私達がここにいるのも愛し合った祖先の方々が
いてくださったからなのです・・・

生まれてきたこと、育ててくれたことへの感謝を
しないといけないですね

*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)’・*:.。. .。.:*・゜゜・*

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート