モリッツ・グロスマン ハンズクラフトイベント開催 10月22日(日)


19世紀に活躍したモリッツ・グロスマンの時代、彼の作る時計は極めて繊細な針で有名でした。その伝統を受け継ぎ、現代のモリッツ・グロスマン社はドイツ高級時計産業の中心地グラスヒュッテで唯一、かつ世界でもわずかなマニュファクチュールとして、今日もすべての針を自社で手作り・手仕上げしています。

スチール製針は焼き戻すことで発色しますが、他社が用いるブルースチールではなく、ブラウンバイオレットあるいはブラウンの色調を選ぶのも、モリッツ・グロスマンの針に対するこだわりです。これらの色を出すためにはごく限られた焼成温度の範囲で焼き戻す必要があるため、熟練した職人の経験や鋭い目、確かな直感が必要不可欠です。

この手間と時間のかかる手作業から生み出される針は一つ一つがオリジナルであり、「完璧な視認性」を追求するモリッツ・グロスマンの哲学を体現するものでもあります。

10月22日のイベント当日は、グロスマン・ウーレン社CEOのクリスティーネ・フッターと共に、ドイツ・グラスヒュッテの本社工房から針の製作職人が来店し、モリッツ・グロスマンの自社製針の製作工程を実演いたします。

ぜひこの機会にマニュファクチュールの時計職人による究極のクラフトマンシップをご覧くださいませ。

日時:2017年10月22日(日)
一部 13:30 〜 15:30
二部 17:00 〜 19:00
場所:アイアイイスズ本店2F

【モリッツ・グロスマン WEBカタログ】
https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/brands/moritz_grossmann/


TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート