【人気沸騰】パルミジャーニ・フルリエ「トンダ PF マイクロローター」爆誕!


パルミジャーニ・フルリエの「トンダ PF」は、近年人気のラグスポにカテゴライズされるコレクション。個人的にオーデマ ピゲの「ロイヤル オーク」や、ヴァシュロン・コンスタンタンの「オーヴァーシーズ」の次に「来る」と期待しています。

特に今回紹介するブランド創立25周年記念に発表された「トンダ PF マイクロローター」は傑作モデルの一つでしょう。

トンダ PF マイクロローター
PFC914-1020001-100182

自社製ムーブメントCal.PF703は、2万1600振動/時。パワーリザーブ約48時間と、突出したスペックではありませんが、マイクロローター式自動巻きと聞けば、時計好きの方は興味が湧くのではないでしょうか。この方式の代表であるパテックCal.240をはじめ、ピアジェ、ショパールなどマイクロローター式自動巻きは技術力の高いブランドに多く、70年代の薄型クォーツに対抗するため開発されたようです。老舗ブランドに多いのも納得ですね。

ローターを埋め込むことでムーブメントは薄くなり、結果として時計自体を薄く作ることが可能となりました。また、ローターで覆われる部分は少ないため、ムーブメントの見栄えは向上。マイクロローター式自動巻き時計の殆どがシースルーバック仕様なのはそのためかと思います。

トンダ PF マイクロローターも同様、有機的に分割されたブリッジ、磨きを施された歯車、プラチナ製のローターなどCal.PF703の隅々まで見ることができます。

自動巻きとは思えない厚さで、興味のない人がみるとクォーツ時計と信じるかも。それでいてシッカリした重さもあり、ねじ込み式リューズと合わせてラグジュアリースポーツを意識しています。

従来からの横長フルスペルから「PF」とシンプルなロゴに変更。緻密に掘り込まれたバーリーコーン(麦の穂)模様のギヨシェ、短いインデックスやローレット加工ベゼルが「トンダ PF」の特徴となります。

◎ ポイント
薄すぎない丁度いいサイズ! 自社製マイクロローター式自動巻きムーブメントや、プラチナ製ベゼルなど物量投入しているのに、他ブランドより価格は抑えめ。日本以上に海外で高評価。

△ ポイント
特にありませんが、強いて言うならスマートなデザインに合わせて「デイト」は省いても良いかも?

モデル名:トンダ PF マイクロローター
品番:PFC914-1020001-100182
ムーブメント:自社製マイクロローター式自動巻きCal.PF703
パワーリザーブ:約48時間
サイズ 径 / 厚:40.0 mm / 7.8 mm
ケース:ステンレススティール
ブレス:ステンレススティール
ベゼル:プラチナ製ローレット加工
文字盤:バーリーコーン(麦の穂)模様のギヨシェ
防水:100m
価格:¥2,585,000

品薄モデルのため納品までに大変お時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

パルミジャーニ・フルリエ Webカタログはこちら
https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/brands/parmigiani_fleurier/

アイアイイスズ本店 新田

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート