【入荷案内】ブレゲ マリーン 5517【ブルー文字盤】


ここ数年で時計業界のブルー文字盤はとても多く存在していて、ブルー文字盤を出していない時計ブランドを探す方が困難です。

ブルー文字盤、とても綺麗ですよね。

特に良いブルー文字盤はえも言えぬ美しさがあり、深海や成層圏を超えた空を想わすような文字盤は見ていて時が経つのを忘れてしまうほど魅力があります。

近年、いわゆる三大時計や五大時計時計と言われる時計ブランドのラグジュアリースポーツウォッチが人気を博しています。

その中でもブルー文字盤は特に人気が高く、ノーチラスは生産終了、ロイヤルオークはブティック限定、オーヴァーシーズも昨年からブティック限定、という具合でどれも入手が困難になりました。

まぁ、この辺りのブランドはどの色も綺麗なので人気が出るのも肯けます。結局、青以外も購入できないくらい人気ですし。

元々生産数が少ないので需要が供給を上回ったというだけの話になるんですけど、先が見えない状況は当面続きそうですね。

今回紹介するのはブレゲ マリーン。

いわゆる五大時計のラグスポ&ブルー文字盤ですね。

現行モデルのマリーン シリーズにはステンレススチール製がラインナップされていません。
ホワイトゴールドかピンクゴールドか、チタンの3種類だけです。

しかもブルー文字盤はホワイトゴールドモデルだけの設定。

定価は¥3,410,000(税込)になりまして「3針×ゴールドケース×Dバックル×自社製ムーブメント」の組み合わせで他ブランドと比較すると、”お値頃感がある価格設定”になっています。

 

実はブレゲの文字盤は18金製。とても珍しいですね。
モダンでグラフィックアートを思わすような波模様はギヨシェと呼ばれ、手動旋盤を用いて丁寧に仕上げています。

製造方法は初代ブレゲが生きた18世紀の頃と何も変わりません。

ケースはポリッシュとヘアラインが交互に施されていてとても高級感があります。

じっくり見ていくと文字盤の美しさもさることながら、光を受けて上品に輝く様はこれぞ王道のラグジュアリースポーツウォッチと言えます。

 

マリーン 5517
ref.5517BB/Y2/9ZU
¥3,410,000(税込)
40mm 10気圧防水

過去を振り返っても、元王朝時代のコバルトブルーで染め付けたシノワズリやルネサンス期のウルトラマリンを用いた絵画など、遠い昔から人々を魅了してきた深い青。

芸術的な美しさを持つ高級時計のブルー文字盤、おすすめです。はい、オススメです。

ケースと一体化したラグが短いおかげで、手首周りのサイズに関係なく装着感はとても良好なので、また店頭で一度お試しください。

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート

                ワールドウォッチミュージアム開催 10月24日〜


                2020年の新作モデルがアイアイイスズに集結。また、生産終了モデルや限定モデルも揃えております。100回無金利フェアも同時開催中。この機会をお見逃しなく!

                ロジェ・デュブイ
                エクスカリバー ウラカン
                DBEX0829
                ¥5,500,000
                【お支払い例】
                月々 ¥55,000 × 100回

                クストス
                チャレンジ ジェットライナーII
                P-S オートマティック
                EYE EYE ISUZU Limited
                ¥1,760,000
                【お支払い例】
                月々 ¥17,600 × 100回

                ブレゲ
                クラシック7137
                ¥4,763,000
                【お支払い例】
                月々 ¥47,600 × 99回
                初回 ¥50,600

                A.ランゲ&ゾーネ
                ランゲ1・タイムゾーン
                ¥6,061,000
                【お支払い例】
                月々 ¥60,600 × 99回
                初回 ¥61,600

                オメガ
                スピードマスタームーンウォッチプロフェッショナル
                ¥605,000
                【お支払い例】
                月々 ¥6,000 × 99回
                初回 ¥11,000
                生産終了モデル

                グランドセイコー
                SBGR321
                ¥605,000
                【お支払い例】
                月々 ¥6,000 × 99回
                初回 ¥11,000
                限定2500本

                IWC
                IW358305
                ¥797,500
                【お支払い例】
                月々 ¥7,900 × 99回
                初回 ¥15,400

                ゼニス
                DEFY EL PRIMERO 21 ランドローバー
                ¥1,617,000
                【お支払い例】
                月々 ¥16,100 × 99回
                初回 ¥23,100

                TEL (087)864-5225

                お問合せ

                お問合せ

                      https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/46895

                            お問合せ

                            内容を確認してボタンを押してください。

                              送信しました。

                              通信中・・・

                              無金利クレジットシミュレート

                              【2020年新作モデル】ブレゲ トラディション 7597 レトログラード デイトが登場しました


                              今年のブレゲの新作の一つ、トラディション 7597はポインターデイトを搭載したブレゲらしい新作でした。

                              プレスリリースはブレゲの公式サイトに書かれているので端折りますが、この超ブレゲ的なシリーズは相変わらず素敵だなぁ、と思ったので皆さんも一度ご覧ください。

                              プレスリリース:トラディション コレクションにレトログラード デイト搭載モデルが登場
                              「トラディション」コレクションは、ブレゲの歴史で最も重要な時計の一つに数えられる「スースクリプション」から着想されたものです。シンプルを極め、時計の表側から露わになった裏面の隅々まで見渡せるそのムーブメントは、完璧なシンメトリーの構造が特徴です。新しい「トラディション レトログラード デイト7597」に備わるレトログラード式の日付表示は、アブラアン-ルイ・ブレゲが初めて開発した複雑機構の一つで、ブレゲの有名な時計のいつかに採用されていました。 このトラディション コレクションの新作は、ローマ数字のチャプターリングを配し、これと境を成すクル・ド・パリ模様のギヨシェ彫りにブルースティールのブレゲ針が映えます。レトログラード式の日付表示は、シンメトリーのバランスを考慮して3時と9時の間に設けられ、巧みにカーブをつけた針が、極めて構築的なデザインのムーブメントの上を移動します。特許を得た日付修正機構により、容易に日付の調整が可能になったこの立体的なデイト表示の針が、ムーブメントのパーツの上を滑るのです。10時位置に配されたねじ込みのデイト調整ボタンは、安全に日付の設定ができます。

                              カンティエム=カレンダーの名を持つこの時計はトラディションで初めてのデイト表示がついています。

                              しかもこのポインターデイトはレトログラード式になっていまして、31日から1日を表示するときは瞬時にジャンプするようになっています。

                              10時位置のボタンは押すと日付が進みます。便利機能です。

                              カレンダー表示も8時位置から4時位置までと幅広く取ってあるため視認性も良いです。好感が持てます。

                               

                              デイト表示用のプレートの偶数日にはドットを打って表示をシンプルにしているところも良いですね。
                              ここは転写じゃないのがとても良いです。高級感あるなぁ、と。

                               

                              さて、このトラディション シリーズを紐解いていきませんか。

                              ブレゲの生きた時代

                              ブレゲが生きた18-19世紀のフランスは大多数の庶民とごく少数の王侯貴族という封建的な時代でした。

                              当時は貴族社会ですから、時計を購入する顧客というのは王侯貴族、また大商人などの大層な身分の方が多かったようです。

                              この時代のフランスについて簡単に書きますが、こういった激動の時代背景があります。

                              1789年 フランス革命
                              1791年 ヴァレンヌ事件
                              1792年 8月10日革命、王政廃止
                              1793年 ルイ16世、マリーアントワネット処刑
                              1794年 テルミドールのクーデターで総裁政府成立
                              1795年 ヴァンデミエールの反乱、ポール・バラス政権が誕生
                              1796年 スースクリプション発表
                              1799年 ブリュメールのクーデター、ナポレオン・ボナパルトが執政政府を樹立
                              1799年 モントレ・ア・タクト販売
                              1804年 ナポレオン1世が皇帝に即位

                               

                              スースクリプション(予約販売)

                              そんな中「スースクリプション」という時計を1796年にブレゲは発表します。

                              意味は予約販売、です。

                              まずは時計をご覧ください。

                              そして、下の写真が1796年にブレゲが出したスースクリプションの広告。
                              時計業界で初めてのカタログ販売と言われています。さすがブレゲ。

                               

                              “the art of breguet”の13ページです。

                              このスースクリプションという時計の販売システムはそれまでの時計販売方法と大きく違う点がありました。

                              • 注文時に4分1を前払い
                              • カタログ販売
                              • シンプルな1針時計
                              • 納期を遵守

                              この時代は納品時に代金を支払う方法が一般的だったので、時計の注文を受けてから納品するまでの間、ブレゲは職人達へどうやって賃金を払うか悩んでたようです。

                              エマニエル・ブレゲ著の本にも載っていましたが、時計代金を払ってくれない顧客もいて、その請求(取り立て)にブレゲも苦労していたようです。

                              そういった様々な厄介ごとを一度に解決する方法がこのスースクリプションと言うことです。

                              • 注文時に一部前金を受け取るので製作期間中も職人への賃金を支払うことができ、
                              • カタログ販売なのでどんな商品なのかが分かりやすく、
                              • シンプルな1針時計なので納期が短く、
                              • 納期を約束することができる

                              顧客にとってもブレゲにとっても双方良い条件ですね。

                              一説には革命により貴族等の注文が減少するなか、スースクリプションの広告は一般的な(といっても裕福な)顧客層へ向けてのアプローチとも言われてます。

                              ブレゲのスースクリプションは商業的に成功し、数多く作られることになります。

                               

                              先ほどあった広告の右ページの説明文には”落としても大丈夫な造りにしています”的なことも書いてあって、それが左の画像中央にあるパラシュート機構のことですね。

                              そして、画像右の通り裏面も開くことができます。
                              時計業界初の裏スケルトン!多少意味は違いますけどね。

                              美しいですね。
                              ブレゲのムーブメントは左右対象になっているのが多く時計作りにおけるこだわりを感じます。

                               

                              モントレ・ア・タクト(触覚時計)

                              ブレゲの針が1本のスースクリプションは商業的にも成功し、数多く作られることになります。

                              あまりに出来が良かったため、今度はまた貴族等による注文も増え、「スースクリプション」は「モントレ・ア・タクト(触覚時計)」の開発・販売につながっていきます。

                              こちらが「モントレ・ア・タクト」。

                              「モントレ・ア・タクト」は触るだけで時刻を知るメカニズムを時計に搭載しました。

                              ケースの外周の突起は時計の時針の位置をそのままに再現しており、この突起の位置に触れることで、それぞれの時間に配されているスタッドの位置から時刻を知ることができます。

                              社交界など人前で時計を見ることがタブーとされた時代、ポケットの中にあっても触れば時間が分かるこの機能はたいへん重宝されたようです。

                              「モントレ・ア・タクト」にはエナメルやパール、さらにはダイヤモンドの装飾も施されていくようになり、ケースを開けた時にも時計が見られるようになっています。

                              これが現代のトラディションへ繋がります。

                               

                              トラディション

                              トラディションはモントレ・ア・タクトの意匠が多くあります。

                              via timezone.com

                              ブレゲを愛した故ニコラスGハイエックは、
                              「ブレゲが生きていたら21世紀の素材と技術を活用して彼自身が考案したであろうと想定される時計を創作する」
                              と語っていました。

                              200年以上前に初代ブレゲが製作した時計。

                              それは現代でも通用する素晴らしいデザインと先見性を持っています。

                              現在トラディションはデュアルタイムやクロノグラフ、トゥールビヨン等、この15年で様々なラインナップが揃いました。

                              今を生きる古典、初代ブレゲの精神を受け継ぐコレクションとして、クラシック シリーズと共にトラディションをご覧になってください。

                               

                               

                              TEL (087)864-5225

                              お問合せ

                              お問合せ

                                    https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/45428

                                          お問合せ

                                          内容を確認してボタンを押してください。

                                            送信しました。

                                            通信中・・・

                                            無金利クレジットシミュレート

                                            【新入荷】ブレゲ マリーン クロノグラフ 5527


                                            ブレゲのマリーン5517TIが入荷しました。

                                            BREGUET / ブレゲ
                                            マリーン クロノグラフ 5527
                                            品番 : 5527TI/G2/TW0
                                            価格 ¥2,871,000 (税込)

                                             

                                            最近、時計雑誌で良く目にする新型のマリーン クロノグラフが入荷しました。

                                            画像や写真だと気付きにくいのですがケースとブレスレットの素材はチタン製です。

                                            文字盤はゴールドモデルよりもスポーティーになっていて、チタン製のケースおよびブレスレットは高級モデルとして非常に美しい仕上げが施されています。

                                             

                                            ケースサイズ42.3mm。
                                            旧来のマリーン クロノグラフと比べより上品になったデザイン。

                                            大きくなった針とインデックスは視認性を向上させつつ文字盤の迫力を出し、細く仕立てられたベゼルはとてもエレガントです。

                                             


                                            via gressive

                                            ムーブメントはcal.582QA。フライバック機能付きクロノグラフです。

                                            以前は不可能と言われたベリリウム製のテンワにシリコン製のヒゲゼンマイを組み合わせ、また画像の中心付近に見えるチタン製のブリッジとLIGA製の中間車に代表されるが如く、古典的なムーブメントの見た目ながらも最新の技術が惜しみなく投入されています。

                                             

                                            外観だけでなく中身も全て高級スポーツウォッチとして誕生した新しいマリーン シリーズ。

                                            ラバーストラップモデルや3針モデルなど、バリエーションも多くありますので一度ご覧ください。

                                             

                                             

                                            TEL (087)864-5225

                                            お問合せ

                                            お問合せ

                                                  https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/44826

                                                        お問合せ

                                                        内容を確認してボタンを押してください。

                                                          送信しました。

                                                          通信中・・・

                                                          無金利クレジットシミュレート

                                                          【新入荷】ブレゲ クラシック 5177BB/2Y/9V6


                                                          ブレゲの2019年新作が入荷しました。
                                                          店頭に並ぶのは初になります。

                                                          非常に綺麗なブルーエナメルのクラシック5177。

                                                          ご予約いただいたお客様には全て納品できたのでようやく店頭でお披露目です。

                                                          もともとこのモデルは2017年に銀座ブティック10周年を祝って10本だけ特別に製作したクラシック5175にデイト機能を付加して2019年に発表されました。

                                                          ブレゲ:クラシック5177
                                                          品番 : 5177BB/2Y/9V6
                                                          ケースサイズ:38.0mm
                                                          ¥2,827,000 (税込)

                                                           

                                                          エナメルの質感を残した文字盤はとても印象的で、従来のクラシック5177とは全然違って見えます。

                                                          また深い紺色の文字盤上を丁寧に仕上げた銀色の針が時を刻む様は見ていて飽きません。下の動画を是非ご覧ください。

                                                           

                                                           

                                                           

                                                          実物をご覧いただくと分かりやすいのですが、ブレゲ数字のインデックスや分目盛りは銀の印字です。

                                                          文字盤とのコントラストが効いていて時間も見やすいですし、審美性もあります。

                                                           

                                                          スタッフの腕に載せた画像がこちら。
                                                          ケースサイズは38mm。

                                                          「ちょうど良い」という言葉はまさにこのことで、38mmのケースに全てがバランス良く収まっています。

                                                          ちなみにエナメル文字盤に日付がついているのは非常に珍しく、日付部分はウォータージェットで文字盤をカットした後、手作業で面取りしています。

                                                          ムーブメントはcal.777Q。

                                                          55時間パワーリザーブ。
                                                          シリコン製のフリースプラングテンプを搭載。

                                                          実用的で、かつ非常に美しいクラシック時計です。

                                                          是非ご検討ください。

                                                          TEL (087)864-5225

                                                          お問合せ

                                                          お問合せ

                                                                https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/43421

                                                                      お問合せ

                                                                      内容を確認してボタンを押してください。

                                                                        送信しました。

                                                                        通信中・・・

                                                                        無金利クレジットシミュレート

                                                                        【商品説明・新入荷】ブレゲ タイプ XXI(トゥエンティワン)


                                                                        ブレゲのタイプ XXI 3810(品番 3810TI/H2/TZ9)が入荷しました。

                                                                        ちょっと珍しいチタンモデルのタイプXXI(トゥエンティ ワン)について簡単にご紹介差し上げます。

                                                                        ブレゲ:タイプ XXI 3810
                                                                        品番 : 3810TI/H2/TZ9
                                                                        ¥1,837,000 (税込)

                                                                        このモデルはタイプXXI(トゥエンティワン)の派生型として2011年に発表されました。

                                                                        チタンのケースを備え、黒塗りのベゼルは1970年代から1980年代にかけて製造されたブレゲ タイプXX(トゥエンティ)の第3世代を彷彿させます。

                                                                        革ベルトタイプは店頭に並ぶこともあるのですがブレスレットモデルは非常に珍しいです。

                                                                         


                                                                        ケースサイズは42mm。
                                                                        42mmのブレスレットモデルですが、チタン製なので重さを感じません。

                                                                        凹凸のある回転ベゼルとシンプルなダイヤルデザインが相まってとても道具感があります。
                                                                        まさにパイロットウォッチですね。

                                                                        文字盤は3時位置に24時間計、9時位置に秒針、6時位置に日付と12時間積算計を備えます。

                                                                        皆さんご存知のタイプXXIはインデックス(数字)が夜光になっているのですが、このチタンモデルのインデックスは植字のため光りません。

                                                                        その代わりに文字盤外周にある白い”分目盛り”が全部光ります!

                                                                         

                                                                        パイロットウォッチとして世界で一番美しいブレゲのタイプXXシリーズ。

                                                                        その起源は1935年に実現されたブレゲ最初のクロノグラフ腕時計に遡ります。

                                                                        ごく少量しか生産を行っていなかったこのクロノグラフは1950年にフランス政府技術部門から絶賛されます。

                                                                        そしてフランス航空試験所は海軍航空部隊のパイロットのためのクロノグラフの製作を依頼しました。

                                                                        コードナンバー「タイプXX」

                                                                        1954年、政府から正式に発注を受けたブレゲ社はこのクロノグラフ500個をフランス空軍、テスト飛行センター、そして海軍航空部隊に供給しました。

                                                                         

                                                                        軍人のみが手にすることを許された「タイプXX」は瞬く間に各方面の人々の羨望の的となり、ブレゲは民間向けのクロノグラフの製造も検討するようになりました。

                                                                        そして各種のモデルを発表、「タイプXX」は時代順に4世代のモデルがあり、5世代目を迎えたのが「タイプXXI」です。

                                                                        2020年現在、ブレゲ タイプXXIは6種類が販売されています

                                                                        高級パイロットウォッチの代名詞であったタイプXXが2018年に生産終了となり、続いて2019年には毎秒20振動を誇ったタイプXXII(トゥエンティトゥー)も同じく生産終了になりました。

                                                                         

                                                                        機能はフライバッククロノグラフという複雑機構を搭載しています。

                                                                        一瞬でクロノグラフ針をゼロ位置に戻し再スタートさせるリ・スターティング・フライバック機構、通称“フライバック”

                                                                        フライバッククロノグラフとは >> 航空黎明期に生まれた複雑機構
                                                                        *飛行機の航行に地図と時計が使用されていた時代に遡ります。

                                                                        フライバックは、タイム計測中にボタンを1回押すだけで計測を中断し、間髪を入れずに新しいタイムの計測を開始する機能です。停止・リセット・再スタートという三つの手順を一度に済ますことができるのです。

                                                                        フライバックのないクロノグラフでは、先述の3段階の手順を立て続けに行わなくてはなりません。飛行機の航行に地図と時計が使用されていた当時、航行中に突然遭遇した出来事に素早く反応せねばならなかったことから、フライバック機能が考案されました。

                                                                        複雑機構のため他の一般的な時計メーカーではあまり見ることがありません。

                                                                        フライバックを外したクロノグラフだけのモデルを出した方が価格を抑えられそうなのですが、ブレゲはそれをやりません。
                                                                        フランス航空試験所から依頼されたという、このモデルの生い立ちを鑑みれば当然なのですが、今時珍しく思えるそういう姿勢がブレゲらしいですね。

                                                                        タイプXXIはブレゲの歴史を語り継ぐ重要なシリーズであり、1935年から受け継がれるパイロットウォッチです。

                                                                        是非ご検討ください。

                                                                        ミサキ

                                                                         

                                                                        TEL (087)864-5225

                                                                        お問合せ

                                                                        お問合せ

                                                                              https://www.eye-eye-isuzu.co.jp/archives/37834

                                                                                    お問合せ

                                                                                    内容を確認してボタンを押してください。

                                                                                      送信しました。

                                                                                      通信中・・・

                                                                                      無金利クレジットシミュレート