【最新レビュー】Grand Seiko 美しい白樺の林をイメージした、グランドセイコーの新たなデザインコレクション第1弾 SLGH005


グランドセイコーから、2021年待望の新作モデル「SLGH005」3月6日に発売されました。


SLGH005
2021年新作モデル
¥1,045,000(税込)
ムーブメント:9SA5
メカニカルハイビート 36000 自動巻き
外装 : ステンレス 裏ぶた:シースルーバック
日常生活用強化防水(10気圧)


このモデルよりグランドセイコーは新たなデザインシリーズ「シリーズ9」をラインナップに加えます。

「シリーズ9」とは・・・
グランドセイコースタイルを基本に、「光と陰の間の美」などの日本の美意識を取り入れた、グランドセイコーのデザイナーが作り上げた新しいデザイン文法によってデザインされています。グランドセイコーの真髄を継承しながら、日本の美意識をもって、腕時計の本質を果てしなく追求するグランドセイコーがたどり着いた新たなデザインです。

早速届いた実機をもとにディテールをご紹介していきます。


最大の特徴とも言える文字盤をご覧ください。

こちらはグランドセイコーの機械式モデルを製造している、岩手県雫石町のグランドセイコースタジオ 雫石の近くにある白樺林をイメージしています。

型打ちによって作り込まれたダイヤルは、これまでの腕時計にはない唯一無二の美しさを感じます。グランドセイコーだからこそ作れるダイヤルです。
雪白と呼ばれるSBGA211と比べても、大胆で力強い印象を持ちます。

これまでのモデルに比べても時分針も太く力強く、秒針は細く繊細に。筋目の入ったインデックスと相まって視認性向上に一役買っています。

コンセプト通りの色、質感ともに白樺の木の幹を連想させます。ここまで表現できる、セイコーの技術力の高さを実感できますね。立体感、質感ともに写真でお伝えしきれない魅力ある文字盤は、ぜひ皆様の目でご覧いただきたい逸品です。


セイコースタイルを継承するケースデザインも特徴的です。ザラツ研磨により究極まで磨き上げられた歪みのないケースをご覧ください。

ラグ部分には鏡面仕上げと繊細な筋目の入った仕上げ面が入った4面構造。サイドから見るとさらにもう1面あるのが分かります。「ここまでやる、SEIKO(汗)」って感じです。

ベゼルも2面でラグ同様の磨き分けがされています。6時位置上には「HI-BEAT 36000 80 HOURS」の刻印が刻まれています。文字盤だけではないもうひとつの魅力、ここからムーブメントについてご説明させていただきます。


このモデルに搭載されるのは、グランドセイコー史上最高の機械式ムーブメント「9SA5」になります。このムーブメント初のレギュラーモデルがこのSLGH005になります。

これからの新たなグランドセイコーの時代を担うと言われる、9SA5ムーブメントの凄さをご紹介いたします。
※全てをご説明すると非常に長くなるので要点を短くまとめております。

1.デュアルインパルス脱進機

見るだけで分かる、特殊な形状の脱進機。「MEMS」技術で作られた複雑な形状のパーツを採用しシンプルな構成で組み合わされている。動力ぜんまいの力の伝達効率を飛躍的に高めることに成功。ツインバレルとの連動により10振動でありながら、80時間パワーリザーブを実現。

2.巻き上げヒゲ

高度な解析技術と製造技術、匠の技の融合によって生まれたグランドセイコー独自の「巻上ひげ」を搭載。これにより安定した精度を実現している。巻上ひげは、姿勢差が小さく、振り角が変化しても精度が狂いづらいという優れた特性をもつ。

3.グランドセイコー フリースプラング

緩急針のない「フリースプラング」方式を採用し、てん輪の側面にある4つのちらねじを回し、てん輪の慣性モーメントを調節することで精度を調整。ひげぜんまいの耐久性が向上し、より高い精度を長期間、安定的に維持することができる。緩急針を持たないフリースプラングでありながら、等時性の調整が可能なのもグランドセイコーならではである。

4.ツインバレル

従来の約2倍の高トルクを確保しながら、デュアルインパルス脱進機との連動によって80時間の連続駆動を実現。従来よりも慣性モーメントの大きいてんぷを搭載し、より安定した精度を誇る10振動ムーブメントを実現。

5.瞬間日送り機構

9Sメカニカルムーブメント初の「瞬間日送り機構」を搭載。瞬時に切り替わる美しいカレンダーは必見。ここにも「MEMS」技術が使われており、複数のばねを組み合わせることで、部品耐久性を高めながら省スペース化を実現し、ムーブメントの薄型化に貢献している。

6.薄型ムーブメント

水平輪列構造」という新たな構造によりキャリバー9S85に比べて約0. 8mmの薄型化を実現。より安定感のある腕なじみと快適な装着感に加え、デザインの幅を広げ、豊富なバリエーションを生み出すことを可能にした。

7.ムーブメントの造形と仕上げ加工

グランドセイコーならではの上質な感性価値を与えるべく、設計の構想段階からデザイナーが参画し美しさを極限まで追求。最大の特徴は曲線を多用した温かみのある流線形を描く「受け」のデザイン。ここにも日本の美を連想させる山の稜線やゆるやかな川の流れを映し出すべく考案されている。

このムーブメントの素晴らしさがお分かりいただけたでしょうか?革新的ともいえる技術が結集されたムーブメントです。

レギュラーモデルとはいえこれだけのムーブメントの供給には限界があるのではと考えていますので、なかなか希少なモデルになりそうな予感です。

ムーブメント仕様

巻上げ方式 自動巻(手巻つき)
静的精度* 平均日差(+5~-3秒)
携帯精度 日差+8~-1秒
持続時間 最大巻上時約80時間
振動数 36,000振動/時(10振動/秒)
石数 47石
その他機能 ・デュアルインパルス脱進機
・ツインバレル
・瞬間日送り機構


シースルーバックのガラスにグランドセイコーの獅子のマークが入っているのに気付きました。通常モデルには見られない仕様なので、特別感を感じますね。


ブレスレットの仕上がりにも抜かりはなく、これまでのモデルより幅広のブレスレットを採用。低重心に設計されたケースと相まって抜群の装着感を実現しています。

実際に腕への収まりが良く、ムーブメントが薄型ゆえの優位性を実感いただけます。ブレスレットにもセイコーからの心配りがあり、角に丸みを持たせているので、着けていて痛くならない仕様です。

サイズ感も40mmとちょうどいいサイズですね。実際着けてみると、よりこの文字盤の素晴らしさを実感でき、より好きになってしまいました。「シリーズ9」の特徴でもある立体感と陰影を間近で体感できるからではないでしょうか。写真だけでは伝えられないこの魅力、是非ご自身の目でご確認いただきたいと思います。

税込にすると100万円を超えてしまうこのモデルですが、正直これだけの時計をこの価格で出せたなという印象を持っています。セイコーの技術の結集とも言えるこの時計をグランドセイコーの代表モデルとしてお勧めしたいと思います。


〈日本最大級のグランドセイコーイベント Grand Seiko Collection 2021開催〉

3月20日(土)と21日(日)の2日間アイアイイスズ本店にて、日本最大級のグランドセイコーイベント「Grand Seiko Collection 2021」を開催致します。セイコー創業140周年を彩る今回のイベントでは、2021年新作モデルや、過去の限定モデルを含めたフルラインナップをご用意。ご来場頂いた方、ご成約頂いたお客様には素敵なノベルティもご準備致しておりますので、皆様に世界でも数少ない真のマニュファクチュールにしか成し得ない最高レベルの性能と洗練されたデザインをご覧頂ければと思います。

また新型コロナウイルス感染予防のため、ご来場予約をおすすめしております。三密を避けるために定員人数40名様を超えた場合、入場制限をさせていただくこともございますが、ご予約いただきますとお待たせすることなくご入場いただけます。上記のページより「来店予約ページ」へとお進み頂けますので、事前予約へのご協力をどうぞ宜しくお願い致します。


その他グランドセイコーモデルはこちらから

アイアイイスズ
小川

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート