【ゼニス】クロノマスター リバイバル A385 Ref.03.A384.400/385.M385 入荷


ゼニスの2021年新作モデル「クロノマスター リバイバル A385」が入荷して参りました。

実物を見ると予想以上にかっこいいモデルに仕上がっておりましたので早速レビューを行いたいと思います。

モデル名:クロノマスター リバイバル A385

Ref:03.A384.400/385.M385

価格:¥968,000-(税込)

〈その他の詳細はこちらをクリック〉

まず手に着けた時、1番感じたことは何と言っても文字盤の美しさ。1969年、エル・プリメロのデビューと同時に発表された3つのモデルの1つがこのA385なのですが、当時のディティールを忠実に再現したブラウンのグラデーション文字盤をゼニスでは「スモークダイヤル」と呼んでいます。

 

時計の中央部には、白い部分もありながら外周に向かうにつれて、鮮やかな黄金色、少しエイジングを施したようなブロンズ色、そして完全なブラウンと徐々に色味が変化していく様は時間を忘れて見入ってしまいますね。個人的に流石だなと感じたポイントは、積算計をパキッとしたホワイトにしたことで、クドいヴィンテージ感が出ずどこかフレッシュな印象さえ与えてくれるデザインセンス。クロノ針はレッドでインパクトをつけて、夜光塗料はちゃんとブラウンなんですよね。

 

ヴィンテージ物が好きな人は必ずと言っていいほど刺さる色味ではないでしょうか。

 

今回、弊社がオーダーしたのは革ベルト仕様ではなくラダーブレス仕様。アジのある革ベルト仕様と迷いましたが、ベルトは後から変更出来るという点と特徴のあるラダーブレスを並べたかったという点でこちらをチョイス。勿論、始めから革ベルトのモデルのご用意も承れますので仰って下さい。

 

結果的には、より特徴ある雰囲気へと仕上がったのでブレス仕様の選択で間違いなかったのではないかと自負しております。

ケース径は37mmと近年のクラシックなサイズ展開に多い大きさ。この大きさは非常にバランスが良く、時計だけが大きく目立ち過ぎることもなく全体のコーディネートも合わせやすいのがポイント。

 

エル・プリメロは自動巻きのクロノグラフでありながら非常に薄型な点は皆様勿論ご存知ですよね?

シャツ等の袖口から必要以上に出ない為、腕元が綺麗に収まってくれます。

 

いかがでしたでしょうか。

実物は写真で見る以上に美しく、アジのあるモデルとなっておりますので気になる方は是非お問い合わせ下さいませ。

 

〈Webカタログ〉

 

山口

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート