日産アリアのCMでキムタクが着用している時計とサングラスは?


話題になっている木村拓哉さんと日産アリアのCM。

前回のハコスカに乗ったCMも良かったですね。

さて、今回新しい方のCMで木村拓哉さんが着用しているサングラスと時計が気になったので記事にしてみました。

 

 

結論から言うと、このモデルです、と断定できなかったんですね。

写っているのもわずか1秒強なので判断しづらいのですが、まぁ、おそらくこれじゃないか?的な感じで読んでください。

 

まずサングラス。

サングラスはとても分かりやすいですね。

少し拡大してみます。

 

角(智)の部分に”T”のアイコン。

そして太いフレーム。

まさにトム・フォード。

弊社が誇る眼鏡コーナーのスタッフに聞いたら品番まで即答してくれました。

・サングラス
ブランド:トム・フォード
商品名:Cary
品番:TF58

色はブラウンっぽく見えますね、と。
画面だと黒く見えるのですが多分ブラウンなんじゃないか、とのことでした。

このTF58というサングラスは生産が終了しているのですが、当店には2本ほど在庫がありました。

気になる方は眼鏡コーナーへご連絡ください。

【サングラス】トムフォード TF-58-F 限定再生産分 入荷

このフレームは人気があったようで、眼鏡のフレームとしても販売されています。

眼鏡フレームの品番はこちら。
ブランド:トム・フォード
商品名:Cary
品番:TF5040

 

そして時計。

 

時計好きならピンと来た方もいらっしゃると思います。

こちらも拡大してみましょう。

 

 

パイロットラインケース!

特徴的な半月型のラグ!

T字型のエンドピースに3列ブレス!

そしてプッシュボタンが見え隠れするのでクロノグラフ!

 

 

そう、これ!

スピードマスター マークII !?
この画像はweb chronosから拝借してきました。

他に良く似た形の時計だとSINNの144も似ているねと教えてもらったのですが、多分スピードマスター マークIIと思うんですね。

 

この薄らと見える文字盤から判別するに黒文字盤ですね。

このCMのモデルについてオメガへ問い合わせてたんですが、”分からないです”、との返答でした。

ここまで書いて間違っていたら恥ずかしいので、もしご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

 

さて、このあとはこういう魅力的な商品もありますと言うことをお伝えできたら、と思い書いておきます。

 

このスピードマスター マークIIの初代は1969年に発表されます。

人類が月に初めて行った年ですね。

この時代、オメガの他のデザインに目をやると有名な通称ジェダイとか音叉ムーブメントのスピードソニックとか、近未来的な時計がとても多くあります。
この辺りはコレクターに愛され続けているのでご存知の方もいらっしゃると思います。

 

1969年に人類が月面に着陸したこともあって新時代の幕開けを期待したように、時計もそれまでには無い魅力のあるケースがとても多く発表されました。

まさに新しい時代を切り開くデザイン。

続く1970年代の時計業界は激動の時代で、機械式時計はクォーツの波に押され、苦難の時代だったというのが通説です。

 

ちょうど今の日産が苦難の時期にあるように、「上等じゃねえか、逆境なんて。待ってても来ない夜明けなら、こっちから迎えに行こうぜ。さあ、いくぞもう一度。やっちゃえ日産!」というのと近い気持ちだったのかも知れません。

 

新しい時代を開こうとする姿勢を体現したようなスピードマスターマークII、そして今、逆境を乗り越えて次の時代へ行こうとする日産。

そういった気持ちでこの時計を選ばれたのだとしたら、と思って新しいCMを眺めていました。(違っていたら恥ずかしい限りですが)

 

このあとはスピードマスター マークIIの現行モデルについてご案内いたします。

 

現在、このスピードマスター マークIIにはバリエーションが3種類あります。

1969年にオリジナルが発表されたスピードマスター マークII。

流線型ケースを備えた斬新なこのモデルは40年以上に渡ってオメガの伝説的なクロノグラフとして、コレクターたちから高く評価されてきました。

オリジナルから45年後の2014年に復刻されることとなります。

オリジナルと見紛うほど忠実に再現されたケースのエッジは綺麗に磨かれており、放射状のサテン仕上げも非常に美しくケースラインを際立たせています。

手巻きだったムーブメントは自動巻き、それもコーアクシャル脱進機にシリコン性ヒゲゼンマイ、フリースプラングテンプという自社製ムーブメントを搭載。

ブレスレットも快適で、アジャスター内蔵のバックルも便利になっています。

 

 

話が元に戻りますが、冒頭で触れた通り今回の日産アリア×木村拓哉さんのCMに出てくる時計、断定はできませんが多分スピードマスターマークIIじゃないかなぁ、というのが私の見解です。

また店頭でいろいろとご覧ください。

ご希望であれば写真を撮ってご案内することも可能です。

 

ではこの4連休、お楽しみください。

 

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート