【新入荷】ブランド初のマニュファクチュールキャリバー搭載!ノルケイン アドベンチャー スポーツ JP 実機レビュー


昨年日本上陸を果たしたノルケイン。わずか1年で多くの方に共感いただき、愛好者を増やしている今注目のブランドです。

そのノルケインが今年2月に非常に注目の発表がされたのをご存知でしょうか?それはケニッシ社とのパートナーシップ契約を結んだというニュースです。

ケニッシ社とはロレックスと同じ創業者で、近年日本に上陸したチュードルが設立したムーブメント設立会社です。ケニッシ社は一般にはムーブメントを供給しておらず、チュードル以外ですと株式を20%所有しているシャネル、そしてブライトリングの一部モデルに搭載されているぐらいになります。
そんなケニッシ社が創業間もないブランドにムーブメントを供給するというのは業界内でも驚きでした。さらにその供給されるムーブメントは、ノルケインのためだけに製造されるということですから驚きの内容でした。

それから約半年、ついに待望のケニッシ社製マニュファクチュールキャリバーを搭載したモデルが発売されます。

 アドベンチャー スポーツ JP
(ADVENTURE SPORT JP)
¥348,700(税込)
日本限定 各50本

キャリバー:マニュファクチュールキャリバーNN20/1
直径: 42mm
厚さ: 12.8mm
ケース素材: SS(316L)
文字盤色: ウォームグレーおよびブラック
防水性能: 100m

記念すべきマニュファクチュールキャリバー搭載の最初のモデルが日本限定で発売されるとは・・・。ノルケインCEOベン・カッファー氏の日本への愛を感じてしまいます。

早速ですが実機レビューをしていきたいと思います。

文字盤はグレーとブラックからの2モデルが発売されています。今回はブラック文字盤でご紹介していきます。

ノルケイン・スペシャルパターンと名付けられた文字盤の模様は、この価格では信じられないほど手が込んだ作りをしています。まだ知名度はこれからのブランドでありながら、この文字盤を見ると「ノルケイン」とわかるアイコン的なデザインです。

ベゼルはステンレススチール製で、これまでのアドベンチャーシリーズといえば、ダイバーズウォッチを思わせるセラミックベゼルが特徴です。それに比べるとスポーティーさを抑えてエレガントさが際立っています。よりカジュアル・ビジネス両立しやすいデザインに仕上がっているのではないでしょうか?

インデックスはプリントではなく、立体的なアプライドインデックスを採用。そこに丁寧にスーパールミノバを塗布し、視認性を向上させています。

この日は真夏のカンカン照りのなかで撮影していますが、文字盤がとてもはっきり見えています。サファイアクリスタルの両面(表面、裏面)に無反射コーティングを施すことで、瞬時に時間を読み取れるようになっているのです。

ケースにもノルケインのこだわりがあります。それがこの鍛造ケースです。鍛造ケースは金属を叩いて形成していくので、圧縮され金属が密になり、強度、耐久性が増します。その分重量感は出ますが、鍛造ならではの質感、重量を実感いただけます。

鍛造ケースは金属が密になることで、磨きをかけた時に磨きムラがなくきれいに仕上がります。そして磨き直しができる回数も多くなりますので、より長くご愛用いただけるものになります。

ブレスレットにも丁寧に磨きがかけられています。ピン式は経年劣化で抜けてきてしまうことがあるので、駒の調整部がねじ式なのも嬉しいポイントです。

裏蓋はシースルーケースバックになっています。ここに限定モデルの刻印がされています。このロゴなどの立体的な刻印の入れ方はとてもこのプライスゾーンの時計とは思えないほどのクオリティです。

そしてこのモデル最大の特徴がこのキャリバーです。ケニッシ社がノルケインのためだけに製作したマニュファクチュールキャリバーNN20/1が搭載されています。スイスアルプスを象徴するゴールドカラーのダブルエヌのノルケイン ロゴがローターに刻印されています。また、ブリイジにはAdventure(冒険)、 Freedom(自由)、Independence(独立)の文字が刻まれています。

 

このキャリバーは70時間のロングパワーリザーブを備えるほか、テンプを2点で固定するダブルブリッジ式の頑丈な構造になっています。そして画像を見たらすぐにわかるという方もいらっしゃると思いますが、フリースプラングテンプが採用されています。

フリースプラングテンプは長期的に安定的な精度を維持できるメリットがあります。そのかわりに高い部品工作精度が必要になりますので、一部のブランドでしか採用されていないのが現状です。高精度の証明としてCOSC認定クロノメーターを取得しています。

このキャリバーを搭載しているモデルは、保証期間が4年プラス個人情報を登録いただくと1年の延長保証がされますので、計5年保証となります。初めて機械式時計を購入される方にも、何本かお持ちの方にも、保証期間が長いというのはオススメしやすいポイントです。

余談ではありますが、このキャリバーは直径が26mm、厚さ4.9mmと非常に小型のキャリバーに仕上がっています。アドベンチャー スポーツ JPはケース径42mmですが、本来40mm以下の小さく、薄い時計にも搭載できるサイズになります。世界的に小ぶりな時計がトレンドになってきていますので、今後このキャリバーが搭載されていくモデルにも注目ですね!

装着感も抜群で、適度な厚みとラグが腕に沿う形状になっているので違和感なく使用できそうです。鍛造ケースならではのほどよい重量感が”良いものを着けている”と実感できるポイントです。

それにしても30万円台でこのクオリティの機械式腕時計を提供してくれるとは、ノルケインは素晴らしいブランドです。実際に時計を見ていただければその製品クオリティを実感いただけるはずです。

ちなみにこのキャリバーを手巻きしたときの巻き心地は、とても心地よいものでした。是非店頭でご体感ください。

ただいまアイアイイスズではノルケイン ニューコレクション フェアも開催しておりますので、是非お気軽にお越しください。

 フェア詳細はこちら ↓Click

ノルケイン Webカタログは↓をClick

ノルケイン 担当
小川

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート