緊急事態宣言を全面解除で時計業界は?


「新しい生活様式」として厚生労働省が公表した「実践例」は46項目もの提案があるようです。この様にアフターコロナに向けた取り組みを行っていくのですが、今後の時計業界はどうなっていくのでしょうか? 当分は、3密になりやすい大きい展示会や催事は難しく、人との接触が少ないeコマースに行きそうです。元々、海外の大手ブランドは以前より積極的。コスト削減と相まってこの流れは加速しそうです。

そんな中、ブライトリングからCOVID-19と戦う医療従事者を支援するためのモデルが1000本限定で登場。

スーパーオーシャン ヘリテージ ’57 リミテッド エディション II ¥610,500
寄付する金額は合計で50万ドル。被災国の6つの団体に均等に分配するとしています。

Appleの(PRODUCT)REDも売上の全額を寄付したり、今後色々なブランドが追従してくると思います。

当社として、皆様がご自宅でも楽しめるようYou Tubeに動画をアップしています。時計の新入荷情報がメインですので、ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

最近の人気動画はこちら

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート