2020年新作モデル ロイヤルオーク 34mm 77351OR.ZZ.1261OR.01 初入荷!!


お客様からの日々お問い合わせの多いブランド”オーデマ・ピゲ”。

時計の3大ブランドの1つと位置づけられる歴史あるブランドです。

 

まずは、その歴史を少しご紹介させていただきます。”オーデマ・ピゲ”は、スイスのジュウ渓谷のル・ブラッシュから物語は始まりました。ジュール=ルイ・オーデマとエドワール=オーギュスト・ピゲの2人により創業されました。時計業界の多くは、グループ企業に属していることが多いです。しかし”オーデマ・ピゲ”は、どこのグループ企業にも属することなく創業の1875年より今日に至るまで代々、一族の手で受け継がれてきている数少ない独立系時計ブランドです。

 

(Audemars Piguet公式 YouTubeより)

また複雑機構も数多く世に発表しており、マニュファクチュールの台帳には、1882年から1892年にかけて”オーデマ ピゲ”が製作したおよそ1500本の時計のうち8割以上の時計に、少なくとも1つ、多くの場合には複数のコンプリケーションが搭載されていたことが記録されているそうです。

 

品 番:77351OR.ZZ.1261OR.01
価 格:¥5,115,000(税込 *10%)
ムーブメント:自動巻き(自社キャリバー5800)
ケースサイズ:34mm

そんな格式あるブランドのアイコンでもあるモデルが、みなさんご存知のロイヤルオークです。1972年に「スポーティー・ラグジュアリー」というコンセプトでデビューし、今尚も人気の高いモデルとして親しまれています。八角形のベゼル・タペストリー模様のダイヤル・一体型ブレスレットなど、一目見れば忘れられない特徴的なモデルを今回はご紹介します。

 

まずは、ベゼル。ロイヤルオークのベゼルは、八角形のベゼルで8個のビスで止められておりそのビスが文字盤の円を描くように整って止められています。また、40個のブリリアントカットのダイヤモンド(約0.71カラット)が時計により華やかさを与えてくれるようにセッティングされています。

 

次にケースです。一つ一つの角を全て面取りして鏡面仕上げにしております。ここも細かなところですが歴史や伝統ゆえのこだわりの一つだと思います。非常にこの仕上げに時間を取られるそうです。サテン仕上げの部分も非常に見応えがあります。

 

ケースからブレスに渡るところまで、面取りに関しても美しく一つ一つ丁寧に行われています。

 

最後は、文字盤です。「グランドタペストリー」模様のシルバーダイヤルは、文字盤に奥行きを出しインデックスや針またブランドロゴなど非常に視認しやすいです。

 

 

着用モデル:腕周り16cm

ケースサイズは、34mmと男性の腕の細い方でも装着できるサイスなので男性女性問わず使用できそうです。ロイヤルオークの自動巻きのバリエーションは、41mm・37mmそして今回の34mmと3種類になりましたのでより選べる幅が増えました。

 

〈information〉

アイアイイスズ本店ではコロナウイルス感染症拡大への防止対策として、店頭でご安心してお買い物いただけるよう以下の事を実施いたしております。

・店内全スタッフのマスクの着用

・お客様にご使用いただけるアルコール消毒液の設置

ご来店が難しい場合でも、商品の詳細などメールにて画像等お送りすることも可能です。
また各種お支払い方法もご用意しております。ご自宅にいながらクレジットカード払いなどのお手続きも可能となります。
お気軽にお問い合わせください。

 

その他にも、コレクションが入荷しておりますので是非お問い合わせくださいませ。

オーデマ・ピゲ WEBカタログは、下記からご覧いただけます。

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート