ゼニス エルプリメロの歴史


皆様こんにちは。

アイアイイスズの山口です。

以前、ブランド担当のお話をしましたが、実はひっそりとZENITH(ゼニス)の担当にも

なっておりまして。。。

ZENITHの商品ページは<<こちら>>

 

実は、私が初めて購入した時計こそがゼニスのエル・プリメロでして、個人的にはとても思い入れのあるブランドです。

折角ですので、今日はゼニスというブランドと名作ムーブメント、エル・プリメロについてお話させて頂ければと思います。

 

 

 

ZENITHが辿ってきた150年の歴史

 

1865年 スイス LE・LOCLE(ル・ロックル)

スイスにある静かで小さな町、ル・ロックルでは、人口の大半が時計の製造に関わる仕事に従事しています。

ここ、ル・ロックルでジョルジュ・ファーブル=ジャコは時計ムーブメントの工房を立ち上げました。

その工房こそが今のゼニスの前身であり、伝説的タイムピースの製造工場となります。

 

これまでにない優れた精度の最高級の腕時計を作るという野望

当時、複雑なメカニズムを構成する部品は同時に作動するものであるにもかかわらず、職人達は近辺の

それぞれの工房、または自宅でそれぞれ別々に作業を行っていました。そこで弱冠22歳であった

ジョルジュ・ファーブル=ジャコは、光がいっぱいに差し込む明るい巨大な建物を建設させ、

そこにムーブメントの部品からエナメルの文字盤、ケースの製作まで、時計製造にかかわるすべての職種を

一同に集めることに決めたのです。こうして歴史上初めてのマニュファクチュールが誕生しました。

 

時計製造史上初の自動巻クロノグラフ キャリバー、エル・プリメロ

ひとつ屋根の下にあらゆる工程を集約させるこのような製造体系は、正確な時間を把握したいという

世界の一定の顧客の強い要求に応える最高品質の腕時計の開発に大きな前進をもたらしました。

そして1969年、ゼニスは時計製造の世界でも時代に名を残す大きな革命を起こします。

それこそが時計製造史上初の自動巻クロノグラフ キャリバー、エル・プリメロの誕生です。

クロノグラフ機能を既存のムーブメントに付け足すことが一般的であった当時において、

エル・プリメロは追加モジュールがなく、1つのコラムホイールと1つのボールベアリング式センターローターに

基づいた、切り離せない一体型として設計。

さらには毎時36,000回の高速振動も世界初であり、50時間を超えるパワーリザーブ、

それをハイビートと両立させたことはまさに偉業とも言える快挙でした。

 

 

 

 

モデル名:クロノマスター エル・プリメロ オープン

型番:03.2040.4061/52.C700

価格:¥1,034,000-(税込)

<詳細はこちら>

 

店頭にある廃盤が決定した「クロノマスター オープン」を撮影してみましたが、やはり美しい。

 

世界初の自動巻きクロノグラフと言えば、ブライトリングとタグ・ホイヤーのイメージが強いですが、

色々な諸説があり愛好家の中では長年議論の対象になっていますね。

私の個人的な見解としてはいつも、ゼニスこそが世界初の自動巻きクロノグラフと説明しているのですが、

またこの話は次回にしようかなと。

 

私物のエル・プリメロが今、オーバーホール中でして腕が寂しい。。。

また機会があれば、ここにアップしようかと思うのですが、自分のモデルがトリプルカレンダーに

ムーンフェイズというモデルでして長時間止めてしまうと合わすのが面倒くさいったらありゃしない。

そういうとこも可愛いといった話も長くなりそうなので次回にします。

 

それでは次回もお楽しみに。

 

アイアイイスズ 山口

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート