【新作】スピードマスター キャリバー321 発表


2020年1月7日に突然発表された新しいスピードマスター。

その名も【スピードマスター ムーンウォッチ 321】。

モデル名:スピードマスター ムーンウォッチ 321
素材:ステンレススティール
定価:¥1,661,000(税込)
品番:311.30.40.30.01.001
ケースサイズ:39.7mm
発売時期:2020年初頭 予定

下記はプレスリリースから抜粋したものです。

 

2019年の前半、オメガは長い間待ち望まれていたアイコニックなキャリバー321の復活を発表しました。その後、同年7月、このムーブメントを最初に搭載することになる新しいタイムピース「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」を披露しました。

そして今年、オメガは新たにこの伝説的キャリバーを受け継ぐステンレススティール製のモデル、「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」を世に送り出します。

1965年、宇宙飛行士のエド・ホワイトが宇宙遊泳を行なった最初のアメリカ人となった際、彼の腕にはスピードマスターST105.003が着用されていました。この有名なモデルが、今回オメガが発表する最新モデルのインスピレーションとなりました。

エド・ホワイトが愛用した第3世代のデザインを反映した39.70mmのステンレススティール製ケースを採用した最新作は、ホワイトエナメルのタキメータースケールを配したポリッシュ仕上げのブラックセラミック[ZrO2]製ベゼルリングが特徴です。ブラックのステップダイアルを美しく彩るのはお馴染みの“ムーンウォッチ”スタイルの針、サブダイアルのスモールセコンド、30分積算計、12時間積算計、そして中央のクロノグラフ針です。

さらに、コレクターにとって目玉となるのはアイコニックな“ドットオーバー90”を始め、デザイン全般にあしらわれたヴィンテージのオメガロゴなど、往年のモデルを彷彿させる特徴が敬意を持って再現されている部分です。もちろん、321のように美しくアイコニックなムーブメントは常に目に触れられるよう配慮され、サファイアクリスタル製のケースバック越しにいつでも眺めることができます。

美しく繊細なデザインで知られるオリジナルのキャリバー321は、1957年に発表された初代オメガスピードマスターに最初に搭載されたムーブメントでした。このムーブメントは、エド・ホワイトが宇宙遊泳を敢行した際に着用したスピードマスターの動力でもあり、月面で最初に着用された時計として知られるスピードマスターST105.012に搭載されていたことでも有名です。

このキャリバー321はスイスにある専用の工房で入念な研究と再構築を経て、オリジナルの仕様に沿って復活を遂げ、人類初の月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーに合わせて発表されました。

昨年発表されたプラチナモデルとは別のサイズで出すなんて思いもよらなかったですね。

今回はケースサイズ39.7mm。
現行のスピードマスター プロフェッショナルが42mm。
最近のモデルで39.7mmだとスピードマスター”CK2998″(311.32.40.30.02.001)が同じサイズですね。

オメガのロゴはアジのある旧型ロゴ。

” Speedmaster “と書いてある最後の” r ”が下がっているのも昔のままです。

プロフェッショナルという文字が入り出したのは1965年の第4世代から。
なのでこのモデル名にもプロフェッショナルという言葉が入っていません。

 

画像では伝わりにくのですが、風防はキズに強いサファイヤクリスタル製、ベゼルはブラックセラミックを採用し、タキメータースケールはホワイトエナメル製です。

夜光はトリチウムが経年変化したような色合い。

 

ブレスレットはどの形なのか気になりますね。
スピードマスター アポロ11号50周年記念限定モデル(310.20.42.50.01.001)と同じような細くて平たいタイプなのか、はたまたスピードマスター “1957 トリロジー”(311.10.39.30.01.001)と同じなのか。

気になって測ってみたらですね、トリロジーと同じブレスなんじゃ無いかと思う訳です。
まぁ、そしたらCK2998は革ストラップしか出てないけどトリロジーのブレス合わせられる可能性があったり…。

モデル名 ラグ幅 × 尾錠幅
アポロ11号50周〜 20mm × 15mm
トリロジー 19mm × 18mm
スピマス321 (SS) 19mm × ?

 

もともとキャリバー321は1942年にレマニア社と共同で開発し、当時のプロジェクト名は「27 CHRO C12」というものでした。

この「27 CHRO C12」の27は直径27mm、クロノグラフ、12時間積算計、を意味しています。

開発された当時のオメガには28.9mmや33.3mmのクロノグラフムーブメントを持っていましたが、12時間積算計の小さい腕時計専用ムーブメントを必要としていたようです。

キャリバー321は1957年の初代スピードマスター(ref.CK2915)から1966年のスピードマスタープロフェッショナル(ref.145.012)まで採用されました。

年代 リファレンス モデルネーム
1957年 CK2915 スピードマスター 1st
1959年 CK2998 スピードマスター
1962年 105.002 スピードマスター
1963年 105.012 スピードマスター
1963年 105.003 スピードマスター
1966年 145.003 スピードマスター
1966年 145.012 スピードマスター プロフェッショナル

50年を経て復活するオメガのキャリバー321。

お値段は別として、店頭への入荷が楽しみですね。

 

 

2023年には月旅行の計画もあります。

もしいつか、月へ行くとしたら、どんな時計と一緒に行ってみたいですか?

 

 

ミサキ

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート