HYT H1.0のご紹介です。


皆様こんにちは。

アイアイイスズの山口です。

急激に冷え込む日が多くなってきましたが、皆様どのようにお過ごしでしょうか。

年末年始、人混みの多い場所に行く機会も増えると思いますが体調管理は万全にしたいところです。

 

最近の個人的なニュースとしては本店のHYTコーナーが新しく2階にオープン致しました。

コーナーを完成させてから多くのお客様にブランドのご紹介をさせて頂いておりますが大変ご好評のようで、

担当として嬉しく思います。

 

個人的に人気が爆発すると信じて疑わないブランドですので定期的にブログを書いていきたいと思います。

そんな訳で本日はHYTのコレクションの中でも中核をなす「H1.0」のご紹介です。

 

~HYT WATCHES H1.0 COLLECTION~

左上:H1.0 RED ¥7,050,000+tax

右上:H1.0 BLUE ¥7,050,000+tax

左下:H1.0 GREEN ¥7,050,000+tax

右下:H1.0 BLACK ¥7,050,000+tax

 

この「H1.0」というシリーズの特徴は、なんといってもそのデザイン性。

どの角度から見ても液体による時間の動きを確認出来るように、大胆にもケースの全面に

ドーム型のサファイアクリスタルを使用。そのうえ、きちんと時間が読み取りやすいように

ガラス管やインデックスの角度を緻密に計算。建築的要素としては最高に楽しい仕様です。

 

勿論着けてやりましたよ!!

若干価格にビビってしまい手が震えていたのは内緒です。

 

ブルーの液体が爽やかでカッコいいですね!!

あとその液体を送り出すためのベロー(2つのバネのようなパーツ)は車のエンジンピストンをイメージし、

その切り出しのデザインはスーパーカーのマフラーから着想を得ているよう。

そう見るとかなりスポーティーでスパルタンですね。

勿論裏もスケルトンです。

一般的な機械式と違いやっぱり2つのビローが特徴的です。

手巻き式のムーブメントではありますが、パワーリザーブは約65時間と長め。

実際に店頭で触ってもらうと分かるのですが、バックルはチタンで出来ているため、

ラバーの質感と合わさって着け心地は想像以上に軽やかです。

 

近年はリシャール・ミルやロジェ・デュプイやゴリラウォッチがとても人気ですが、

この3つのブランドに共通していることはデザインが独創的で様々な素材を駆使して

時計を作りあげているということ。

 

最近強く感じるのですがやはりスマートフォン等の発達で「時間を見る」という点で確かに

腕時計は時代に取り残されていっているのかもしれません。

ただ、悪いことばかりでもなくこのような「ファッション」として着ける楽しさや喜びを

より鮮明に感じることが出来るようになりました。これからもそのような時代が続くと思うので

よりHYTのような常識を覆し僕たちをワクワクさせてくれるようなブランドが注目されるのでは

ないのかなと個人的には感じています。

 

気になる方いればお問い合わせ下さいませ。

 

山口

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート