【IWC】人気のポルトギーゼ クロノグラフはどれを選ぶ???


【IWC】人気のポルトギーゼ クロノグラフはどれを選ぶ???

プレーンなクロノグラフから複雑なグランド・コンプリケーションまで、多彩なバリエーションを持つポルトギーゼ。中でも「ポルトギーゼ・クロノグラフ」はブランドを代表するモデルとして、ビジネスからカジュアルまでご活用できます。スタイリッシュなデザインは、実際のケースサイズより大きく見え、アラビア数字のインデックスは高い視認性を誇ります。

そもそもポルトギーゼの誕生は、1939年代にポルトガル商人が高精度な腕時計を依頼したことから始まります。腕時計にマリンクロノメーター級の精度は難しく、大型懐中時計のムーブメントを搭載することで実現しました。そのためケース径は42mmとなり、昔は相当大きく感じたと思います。 *日産デイズにGT-Rのエンジンを搭載したイメージでしょうか。。。

1998年の登場以来、変わらぬデザインでロングセラーを続けている「ポルトギーゼ・クロノグラフ」。現在、ステンレススティールモデルは、ダイヤルカラーやインデックスの違いにより4つのバリエーションがございます。

PORTUGUESE CHRONOGRAPH

flexbox

IW371446

針・インデックスをブルーに揃えたモデル。幅広い年齢層から支持されています。
* 画像をクリックして詳細ページへ

flexbox

IW371445

18Kゴールドモデルと同じ金色針を採用。アンティーク感があり女性にも人気があります。
* 画像をクリックして詳細ページへ

flexbox

IW371491

もっとも新しいブルーダイヤル。最新のトレンドをしっかり取り入れています。
* 画像をクリックして詳細ページへ

flexbox

IW371447

シルバーとブラックのコントラストが美しい、男性に一番人気のモデルです。
* 画像をクリックして詳細ページへ

共通スペック
モデル名:ポルトギーゼ・クロノグラフ
ケース:ステンレススティール
ムーブメント:自動巻 キャリバー 79350
ケース径:40.9mm
ストラップ:アリゲーター
価格:¥815,400

いずれ150周年モデルに搭載されたIWC自社製キャリバー69355を搭載してくると思いますが、今年はパイロットクロノだけのようです。また、新製品の文字盤デザインは変更されるかもしれませんので、ムーブメントにこだわりがなければ現行モデルの購入はありだと思います。

IWC自社製キャリバー69355は、194個の部品で構成される伝統的なコラムホイール・デザインの堅牢なクロノグラフ・ムーブメントで、双方向爪巻上げ機構が46時間のパワーリザーブを確保します。確かに良くできたムーブメントですね。

TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート