ブレゲ タイプXX アエロナバル 生産終了


突然ですがブレゲのタイプXX アエロナバルが生産終了になります。

マリーンに続いてアエロナバルもですか、と…。

ちょっと前に聞いていたんですが、書くのが遅くてすいません。

聞いたところによると、もう革ストラップモデルのref.3800ST/92/9W6は入荷しないそうですね。

デイトのついたタイプXX トランスアトランティックはもう随分前に生産が終了しているので、ブレゲのパイロットウォッチが気になっている方は一度実物を手に取って見て欲しいです。

ケースサイズが40mmを切っているパイロットウォッチなんて今はそんなに多くありませんし、以前にも書きましたが、数あるパイロットウォッチの中でブレゲのパイロットウォッチが一番カッコ良いです

さて、このブレゲ タイプXX アエロナバルは通常のクロノグラフとは少し異なり、「フライバック クロノグラフ」という機能を持っています。

そうです、一般的なクロノグラフより高級ですし、複雑です。

クロノグラフを作動している時にリセットボタンを押すと再スタートする機能が「フライバック クロノグラフ」ですね。

スライドショーには JavaScript が必要です。

編隊飛行時の連続機動運動を指揮するために、一瞬で再スタートさせるこの機能は当時の航空界の要請に応じて開発されました。

タイプXXの起源は1935年のブレゲ最初のクロノグラフ腕時計に遡ります。

今から80年くらい前。

で、そのクロノグラフが1950年にフランス政府の技術部門から絶賛されるんですね。

そしてフランス航空試験所(CEV)は海軍航空部隊のクロノグラフの製作を3社に依頼するのですが、この辺りの話を書くと長くなるのでまた別な機会に。

長くなるので続きは次回です。


TEL (087)864-5225

お問合せ

お問合せ

              お問合せ

              内容を確認してボタンを押してください。

                送信しました。

                通信中・・・

                無金利クレジットシミュレート