「旧態依然」といわれるアイウェア業界の既成概念をいろいろな面で打ち破る圧倒的な存在・レスザンヒューマン

EYE EYE ISUZU
EVENT TOPICS

<2008 04>

  ・時計
■ BREITLING
■ ROLEX
■ IWC COLLECTION FAIR
■ EYE EYE ISUZU SUNPORT
  ・宝飾
■ Angela
■ BOUCHERON
■ 俄
  ・時計 & 宝飾
■ EYE EYE ISUZU VIVRE
  ・眼鏡
■ LESS THAN HUMAN
LESS THAN HUMAN
「レスザンヒューマン」は、今アイウェアトレンドを牽引する日本のハウスブランドのひとつだ。2002年のブランドスタート以来、「旧態依然」といわれるアイウェア業界の既成概念をいろいろな面で打ち破る圧倒的な存在感だ。
マテリアル、フォルム、デザインへの果敢な挑戦、またファッション、音楽、文学、映画、など異分野との積極的なコラボレーションなど天真爛漫なパフォーマンスを続けている。この独自の世界観を作り上げているのは、デザイナー今井康裕だ。
ある日手書きで一点限定のTシャツをペイントする画家の宝満雄大さんに、Tシャツを作ってもらったんです。そこに彼が書いてくれた言葉が、「レスザンヒューマン」だったのです。直訳すると「人間以下」。
言葉の響きも気に入った。考えてみると、自然破壊や環境汚染に反対している人間たちこそがこれをやっている。偽善的なことがたくさんある世の中でうそがないものを作りたいし、あってもいい。人間こそが「最低」を「最高」に持っていくこともできる。
「レスザンヒューマン」 Peter.S 8989B
¥28,350
今期のレスザンヒューマンのテーマである2面性をメガネの表と裏の生地使いで表現した定番セルフレーム。
「レスザンヒューマン」Albert.D.S
89m¥35,700
LTHの中でも人気のワンポイントタイプのフレームに、伊マツケリ社のセル生地を使い華やかに仕上げる。
「レスザンヒューマン」Charles.M 195
¥37,800
新作の目玉機能である回転式テンプルと、トップバー、テンプルカバーの付け外しで9通りもの変化が楽しめる。
お取り扱い アイアイ・イスズ  ■本店
EYE EYE ISUZU
EVENT TOPICS

<2008 04>

  ・時計
■ BREITLING
■ ROLEX
■ IWC COLLECTION FAIR
■ EYE EYE ISUZU SUNPORT
  ・宝飾
■ Angela
■ BOUCHERON
■ 俄
  ・時計 & 宝飾
■ EYE EYE ISUZU VIVRE
  ・眼鏡
■ LESS THAN HUMAN
TOPCATALOGclose