ランゲ&ゾーネ History - ことのはじまり

A.Lange&So¨hne

トピックス
A. Lange & So¨hne
 
  コレクション ヒストリー アバウト 特別ルーム  
 
伝説の誕生
 

ザクセンが最も栄華を極めた時代には、強王アウグストの支配下でドレスデンが世界でも有数の芸術と学問の都に発展しました。宮廷の華やかな行事を成功させるためには、正確な時間を知ることが不可欠であったため、時計製造技術が極めて重視され、国の擁護を受けるようになります。

 1785年に生まれたフリードリッヒ・グートケスも、やはり時計作りで身を立てた人物です。ドレスデンの宮殿横で彼が営む時計工房は、著名人が訪れては高精度な時計を買い求める有名な店でした。時計の専門家として高く評価されていたグートケスは、1831年にドレスデンのツヴィンガー宮に収蔵されていた時計コレクションを管理する王家召し抱えの"技匠"に任命されて、王宮に時を告げる時計塔の管理も任されるようになります。

 彼が後世に残した作品で最も重要とされているのが、1841年にドレスデンのゼンパーオペラのために製作された、数字で時刻を表示する五分時計です。しかし、その功績は彼ひとりのものではなく、次の章でいよいよ物語に登場するもうひとりの人物との共同製作だったのです。

 
Copyright (C) EYE EYE ISUZU WEB SITE. All Rights Reserved.