A.Lange&So¨hne

トピックス
A. Lange & So¨hne
 
  ヒストリー アバウト 特別ルーム  
 
コレクション
 
 

ランゲ1 デイマティック

ランゲ&ゾーネの代表的モデル、ランゲ1シリーズ成功の歴史に新たなる作品が加わりました。

不朽の名作『ランゲ1』。

1994年に発表されたランゲ1は、オフセンターの配置とアウトサイズデイト表示によって、一度見たら忘れることのないデザイン、そして完璧に作られたムーブメントを備え、これまでに記録的な数の賞を獲得してきました。

そして、この新たなランゲ1 デイマティックは、全く新たに開発された自動巻きムーブメントを備え、銀無垢のダイヤルに各表示が完璧なまでの美しいバランスで配置されています。

モデル詳細

 
 

リヒャルト・ランゲ “レフェレンツウーア”

直訳すれば「標準時計」となる“レフェレンツウーア”。
その意味するところは"標準とすべき時計"ということになります。

19世紀のドレスデンでは、時間の守り役として数学・生理学博物館は正確な時刻を特定し一般に好評する業務を任されていました。

つまり、数学・物理学博物館は現代の現代の原子時計や時報の前身であったともいえるわけです。

そしてこの標準時業務を利用していたのは、天文学者や時計師などを始め、当時各地に普及しつつあった鉄道の施設などでした。

このリヒャルト・ランゲ “レフェレンツウーア”は、モデル名のとおりリヒャルト・ランゲの志を継いで、最大限の精度が要求される科学研究用計器としての時計を極めようとするものです。
限定モデルとして、科学観測用デッキウォッチをイメージした正確な時間計測という、時計本来の機能を追及するリヒャルト・ランゲシリーズに加わります。

モデル詳細

 
 

トゥールボグラフ “プール・ル・メリット”

2005年12月、創業160周年を記念して発表されたグランド・コンプリケーション、トゥールボグラフ“プール・ル・メリット”は、腕時計では初のチェーンフェジー昨日を搭載するミニッツトゥールビヨンとして高級時計の世界に大きな反響を呼びました。
そのメカニズムがあまりに複雑なため、1ヶ月に製作できるのはわずか1本です。
このモデルの発表当初、さらに50本の限定モデル第二弾を、「追って発表する予定のゴールドケース」で旨の予告がありました。

今回創業165周年にあたって発表された、硬度の増した新しいゴールドを使ったトゥールボグラフ“プール・ル・メリット”は、世界最高の時計を製作するというランゲ&ゾーネの志が現実の時計となったものです。

モデル詳細

 
 

ランゲ1・トゥールビヨン

ランゲ1・トゥールビヨンを開発した当時はまた、数年後にガバレット・トゥールビヨンで実現した機構を搭載することは出来ませんでした。
その機構とは、回転するキャリッジの中にあるテンプを、直接瞬時に停止させる“ストップセコンド”というものです。

これは200年以上に亘って時計技法の最高峰とされてきたトゥールビヨンに常に付きまとってきた根本的な問題点を解決するものでした。

トゥールビヨンは重力を克服することによって最高の精度を保障するという巧妙なメカニズムですが、その動きを停止することはできず、従って秒単位で正確に時刻を合わせることが出来なかったのです。
この問題を解決するためにランゲ&ゾーネが考案した絶妙のメカニズム、特許技術のトゥールビヨン用ストップセコンド機能が165周年記念コレクションのランゲ1・トゥールビヨンに搭載されています。

またダイヤル側でトゥールビヨンのキャリッジを支えているハニーカラーに輝くランゲゴールド製の磨き上げられたブリッジで、ダイヤルにぴったりとはめ込まれています。
その他、ワンミニッツトゥールビヨンの受けには両側にダイヤモンド製の受け石が使われている点もこの時計の特徴で、かつて最高級の1Aクオリティクラスの懐中時計だけに使用された証であり、その伝統を受け継ぐものです。

モデル詳細

 
 

1815ムーンフェイズ

このモデルに搭載されているムーンフェイズ用輪列の設計にあたって緻密極まりない精度計算が行われました。
特殊なギア比を用いた輪列によって、ムーンフェイズ一周期あたりの誤差をわずか6.61秒という値です。
実際の月の動きとのずれが積算されて1日分の誤差になるまでになんと1058年もかかります。

このような時計が西暦952年(神聖ローマ帝国初代皇帝時代)にあったとしたら、やっと今年ムーンフェイズの修正する必要が生じることになります。

1999年に発売された以前の限定モデルはレアアイテム化しており、またこのアドルフ・ランゲへのオマージュコレクションも同じくその価値が高まってゆくことでしょう。

モデル詳細

 
サクソニア・スペシャル  

サクソニア・スペシャル

サクソニアをベースとしたスペシャルピース。

丸型の3針モデルでは初のルミナス仕様で、200万アンダーの世界限定はランゲ&ゾーネ初の試み。
高い価格で高品質は当たり前であり、ランゲ&ゾーネとしては低価格帯の中で、アイアイイスズと、リシュモンジャパン・ランゲ&ゾーネ事業部、そしてランゲ&ゾーネのドイツ本社との3社で、1年ほど前から開発を進めてまいりました。
国内初のランゲ&ゾーネ認定店である、アイアイ イスズの威信をかけたコラボレーションモデル。
弊社こだわりのディテールを満載した世界限定25本です。

モデル詳細

 
ツァイト・ベルク WG  

ツァイト・ベルク(ZEIT・WERK)

2009年5月6日ベルリンにて発表されたまったく新しいA.ランゲ&ゾーネ。
パワーリザーブとセコンド以外はデジタル表示の新作。
分表示用のディスク2枚と、時表示用のディスク1枚を使用します。 1分経過毎に一瞬の狂いもなく、動力制御メカニズムから、表示を進めるための動力が供給される仕組みです。 シースルーバック側から見たムーブメントには、このほかにも数多くの画期的な新技術が盛り込まれています。
ゼンマイから自社製作ができる、A.ランゲ&ゾーネだからこそ可能なデザインです。

モデル詳細

 
リヒャルト・ランゲ・”プール・ル・メリット  

リヒャルト・ランゲ・”プール・ル・メリット

「精度の極限に迫るリヒャルト・ランゲ“プール・ル・メリット”」
A.ランゲ&ゾーネのチェーン(鎖引き)機構搭載モデル三作目となるリヒャルト・ランゲ・「プール・ル・メリット」は、最高の精度が要求される科学観測用時計の伝統を受け継ぐ腕時計。希少価値の高い鎖引き方式とエナメルを使ったスリーパーツ構成のダイヤルが、歴史上の名作を今に蘇らせます。
リヒャルト・ランゲ「プール・ル・メリット」は、最高の精度とシンプルなデザインをモットーにした破格の三針式腕時計でプラチナまたはピンクゴールドを使ったケースの直径は一つ目のモデルと共通した40.5ミリという抜群の視認性を誇っています。白いエナメルダイヤルは三つのエナメルプレートから構成されており、スリムな黒いローマ数字が時を表し、小さな赤いアラビア数字の15、30、45、60という表示が目を引きます。そのダイヤル製作には30工程にも及ぶ時間のかかる作業が必要で、そうして初めて完璧なエナメル製のダイヤルが完成します。このダイヤルが、クラシックなブルースチール製のハンドを鮮明に浮かび上がらせる背景となるのです。チェーンフュジー機構のメカニズムをダイヤル側からも見えるようにするための窓を作ることはあえてしませんでした。これは、精度を極めたこの時計の時刻表示から少しでも気をそらすような要素は一切排除するという方式に基づくものです。

モデル詳細

 
カバレット・トゥールビヨン  

カバレット・トゥールビヨン

ランゲ復活以来四番目となるトゥールビヨン。トゥールビヨンは時計の精度を向上させるメカニズムの中で美的にも技術的にも最も高度なコンプリケーションといえます。しかしながらこの機構には発明当初からトゥールビヨンは停止させることが出来ないという難点がありました。200年以上もの間未解決のままだったこの問題をA.ランゲ&ゾーネのマイスターたちが初めて時計界念願のソリューションを提示したモデル。世界初のストップセコンド機構つきトゥールビヨンです。

モデル詳細

 
1815  

1815

「待望の大物カムバック 新生1815」
ひとまわり大きくなったケースと、新型手巻きムーブメントを搭載してお目見えするA.ランゲ&ゾーネの新しい1815は、シンプルかつクラシカルな機械式腕時計のまさに理想像。純粋でストレートなエレガンスが、A.ランゲ&ゾーネの創業者フェルディナンド・アドルフ・ランゲの哲学を守り続けています。この時計が彼の誕生した年にちなんで名づけられているのもそのためです。
あたらしい1815にはA.ランゲ&ゾーネならではの最高の時計技法が集約されています。サイズアップして直径40ミリになったケースや、その中に収められている直径30.6ミリの充実した新型ムーブメントは、昔ながらの純粋な三針式手巻き腕時計というコンセプトを現代的に解釈し直してA.ランゲ&ゾーネが行き着いた結論です。その中に息づいているのはランゲが追求し続けてきた「伝統の進化系」という理想の姿。時計技師やデザイナーの工夫とアイデアによって、時代を超えた不朽のデザインの均整のとれた美学が、ひとまわり大きいサイズでも維持されています。レイルウェイタイプの分目盛やアラビア数字、6時の位置にあるスモールセコンドなど、いずれもかつてのA.ランゲ&ゾーネの懐中時計に使われていた要素が、新しい1815では現代の腕時計として定義し直されています。

モデル詳細

 
グランド・ランゲ1  

グランド・ランゲ1

左右非対称に配置された文字盤が特色。
腕時計では初めて考案されたアウトサイズデイト。
通常の時計の5倍大の特許取得済アウトサイズデイト。
2008年モデルチェンジ

モデル詳細

 
ランゲ1 18KWG  

ランゲ1

新生ランゲウォッチ第一号モデル。
左右非対称に配置された文字盤が特色。
腕時計では初めて考案されたアウトサイズデイト
ツインバレル72時間、パワリザーブ表示つき。
通常の時計の5倍大の特許取得済アウトサイズデイト。
ムーンフェイズモデルに至っては連続して動き続けた場合、
122.6年間で1日分のずれしか生じない正確さ

モデル詳細

 
ランゲ1 ムーンフェイズ  

ランゲ1 ムーンフェイズ

かつてないリアルな動きによって地球を巡る月の軌道を再現するムーンフェイズ表示が特徴。連続して動き続けた場合、ムーンフェイズは122.6年間で1日分のずれを修正するだけで充分な正確さ。長時間停止していた場合でも、プッシュピースで容易に微調整が可能です。

モデル詳細

 
ランゲ1 タイムゾーン 18KPG  

ランゲ1 タイムゾーン

2005年世界同時発表
ホームタイムを表示したまま世界中のあらゆる時間帯をボタンひとつで呼び出すことが出来ます。ゾーンタイムおよびホームタイムのどちらにもデイ・ナイト表示がついています。
2009年18KPGにグレーダイヤルモデル追加

モデル詳細

 
ダトグラフ 18KYG Dバックル仕様  

ダトグラフ

クロノグラフ懐中時計のコラムホイール式機構が原型、フライバック機能、プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターを装備。世界で最も美しいクロノグラフ時計の一つ。36時間パワーリザーブ。
2009年18KYG Dバックル仕様でブラックダイヤルが数本だけ発売。

モデル詳細

 
リヒャルト ランゲ  

リヒャルト ランゲ

素晴らしい時計技師の1人で創始者アドルフ・ランゲの長男リヒャルト・ランゲに敬意を表して名づけられた。38時間のパワーリザーブ。
ヒゲゼンマイは独自に開発・自社生産

モデル詳細

 
サクソニア  

サクソニア

シンプルさを極限まで追求したドイツ的美意識の生きるデザイン。A.ランゲ&ゾーネのクオリティの良さを堪能できるモデル。45時間パワーリザーブ。

モデル詳細

 
サクソニア オートマティック  

サクソニア オートマティック

「サクソニア」の手巻きモデルと同じケース径にランゲの特徴であるアウトサイズデイト付き。ランゲ自動巻きムーブメントSAX-0-MAT搭載。46時間パワーリザーブ。

モデル詳細

 
グランド サクソニア オートマティック  

グランド サクソニア オートマティック

手巻きの「サクソニア」と同じフェイスで、ケース径は少し大きめ。ランゲ自動巻きムーブメントSAX-0-MAT搭載。46時間パワーリザーブ。

モデル詳細

 
カバレット ムーンフェイズ  

カバレット ムーンフェイズ

ごく僅かなスペースに組み込まれたムーンフェイズ・ディスクは一日に一度回転。新開発の特許技術である特殊な層構造のコーティングによって青い夜空の輝きと二つの月や星の輪郭をシャープに表現した美しいムーンフェイズが特徴。

モデル詳細

 
ランゲ マティック パーペチュアル PG  

ランゲ マティック パーペチュアル

永久カレンダーとアウトサイズデイト表示、ゼロリセット機能を備えた機械式時計としては初めてのモデル。46時間パワーリザーブ。

モデル詳細

 
ダブルスプリット  

ダブルスプリット

38時間パワーリザーブ表示つき。自社製ヒゲゼンマイ。腕時計史上初めて2本のラトラパント針(スプリットセコンド針、30分積算計針)を持つフライバック・クロノグラフを実現。これにより制約されていた計測が30分に拡大された。他には存在しない素晴らしい時計。

モデル詳細

 
ダトグラフ パーぺチュアル  

ダトグラフ パーぺチュアル

高度な技術が要求されるこれらの機能を一つに統合し、さらにそれに加えて現代のランゲウォッチとは切っても切り離せない複雑機構の数々を全て装備した時計。緻密なカレンダー機構には223個ものパーツを全て1.9mmの厚みに収めなければならない。1/5秒の精度で時間を計測することが可能。自社製ヒゲゼンマイ使用。ムーンフェイズを一旦合わせてしまえば1日分のずれが生じるまでに122年かかる。
2009年18KWGにグレーダイヤルモデル追加

モデル詳細

 
アーケード  

ランゲ・アーケード

ランゲ&ゾーネが女性のために創作した時計。ドレスデンの宮廷を象徴的にデザインしたバロック形のケースとなっている。
女性の腕に似合う、非常に美しいラインを持つ腕時計。

モデル詳細

 
ランゲ31  

ランゲ31

初めての動力制御機構(ルモントワール)搭載の31日間ロングパワーリザーブモデル。リューズは時刻調整のみで、巻き上げは背面よりカギを使用する「カギ巻き」方式。自社製ヒゲゼンマイ使用。



モデル詳細

 
1815クロノグラフ  

1815クロノグラフ

美しい手巻きのフライバッククロノグラフ。
昔の懐中時計にも使われている、シンメトリーなダイヤルデザインや、"レイルウェイ"と呼ばれる分目盛りが古き良き時代のヴィンテージウォッチを彷彿させます。しかしこのような外見とは違い、コラムホイールを始めとする先進的技術を駆使したムーブメントをみると、改めて芸術性と技術の融合した時計だと感じます。

モデル詳細

 
トゥールボグラフ  

トゥールボグラフ

ユニークなチェーンフュージー(鎖引き)と遊星歯車機構搭載トゥールビヨン、ラトラパント機能搭載

モデル詳細

 
Copyright (C) EYE EYE ISUZU WEB SITE. All Rights Reserved.