ランゲ&ゾーネ About - ランゲ独自の手法

A.Lange&So¨hne

トピックス
A. Lange & So¨hne
 
  コレクション ヒストリー アバウト 特別ルーム  
 
ランゲ独自の手法
 

 第一次組立が終わると、ムーブメントは再び分解されます。このような工程は高級時計業界でも非常に珍しく、時計製造の手間がより一層大きくなることを意味しています。

 初めて部品を組み込んで基本的な調整をする際には、微小なゴミがムーブメントに入ってしまうことがあります。このような汚れは、再び分解するときに除去することができます。また、一回だけの組立工程で時計を製作する場合には、すべての部品に前もって装飾を施しておく必要があります。しかし、いかに細心の注意を払ったとしても、いくつかのムーブメント部品については、基礎調整の際に小さな傷がついてしまうことを完全に防ぐことはできません。そのため、該当する部品には一次組立後にムーブメントを分解した時点で装飾を施すのです。

 ランゲの時計で基礎調整がもっとも難しいのは、クロノグラフです。それは何故かというと、使用する部品が最高精度のものでも、それだけではムーブメント内の複雑極まりない機械的切替プロセスを支障なく機能させるには十分ではないからです。そこで、熟練技師の長年培ってきた勘と技能が問われることになります。ランゲでも、クロノグラフムーブメントを自分の手で完璧に調整できる時計技師は数少ないのです。







 
Copyright (C) EYE EYE ISUZU WEB SITE. All Rights Reserved.